【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」8月前半戦!(編集部・森衿子)

 東京五輪のメダルラッシュに国民が沸く一方で、東京と沖縄に加えて首都圏3県と大阪に緊急事態宣言が発令された8月となりました。医療関係者の悲痛な声とは裏腹に、政府や都知事、IOC幹部は揃って急速な感染拡大と五輪開催との関連を否定するばかり。誰も責任を取らない日本の夏が性懲りもなく、再び繰り返されようとしています。

 そんな中、宇都宮の最新作『蹴日本紀行 47都道府県フットボールのある風景』がついに発売されました! 早速書店でご購入いただいた皆様、ありがとうございます。徹壱堂でご予約いただきました皆様には、宇都宮のサイン本の発送を開始いたしました。順にお送りしておりますので、お届けまで今しばらくお待ちください。

 また、8月1日に開催の出版記念オンラインイベントもいかがでしたでしょうか? 写真集やイベントの感想など、毎週火曜日に更新の「徹壱の日記」へのコメント欄や、SNSへ投稿いただければ嬉しいです。

 それではWM8月前半戦の予告です。8月第1週は、久々の動画コンテンツ。新著『蹴日本紀行』について、20年来の宇都宮のファンだという「病理医ヤンデル」こと市原真さんと対談します。Twitterのフォロワー数が14万人近い、インフルエンサーのヤンデル先生は、この本をどうご覧になったのでしょうか? そもそも熱狂的なサッカーファンではないヤンデル先生は、いかにして徹壱ワールドと出会ったのか? テンション高めの異色対談をお楽しみください。

 8月第2週は、18日に開催される天皇杯4回戦に合わせて、ハーフウェイカテゴリーで唯一勝ち残っているヴェルスパ大分にフォーカス。昨年のJFLでは初優勝を果たし、今年からJリーグ百年構想クラブとなったヴェルスパ。偉大すぎる大分トリニータとの差別化を図るべく、別府市と由布市をホームタウンに選んだヴェルスパですが、人口112万人の大分県に2つ目のJクラブは誕生するのでしょうか? そして今年の天皇杯に懸ける意気込みとは? 代表取締役の清原裕輔さん、取締役兼GMの生口明宏さんにお話を伺います。

 閉幕が近づく五輪ですが、サッカーはここまで皆様ご存知の通り、男子はPK戦を制してセミファイナルへ。女子は8強で敗退し、高倉麻子監督は退任濃厚という、明暗分かれた結果となっています。2012年のロンドン五輪で日本女子と金メダルを争ったアメリカ女子はというと、今大会でもしたたかな戦いぶりでセミファイナル進出を決めました。ロンドン五輪で活躍したメンバーが今なお残りつつ、FIFAランキング1位をキープするアメリカ女子との差はどこにあるのか? そんな視点で「【無料公開】チーム崩壊はロンドンから始まっていた? なでしこJAPANの敗北と再生をめぐる対談<1/2>」を読み直していただいても面白いかと思います。

 現在、宇都宮は独自の視点から今大会を記録するべく、取材で歩き回っています。「宇都宮が見た五輪」の成果は8月後半にお届け予定ですので、どうぞお楽しみに!

 夏休みに入る方も増える時期ですが、感染拡大以外にも大雨や台風、高温による気象災害で、毎日アラートが鳴っているような状態です。しっかり対策をして、ご安全にお過ごしください。それでは8月前半もWMをよろしくお願いいたします。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ