【サッカー人気1位】酷い風雨の中、1年前とは違うと感じたも…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

『蹴日本紀行』をめぐる対談 Dr.ヤンデルvs宇都宮徹壱 part2

『蹴日本紀行』をめぐる対談 Dr.ヤンデルvs宇都宮徹壱 part1

  今週は『蹴日本紀行 47都道府県フットボールのある風景』の発売を記念して、豪華な対談動画を5日間連続でお届けする。ゲストとしてご登場するのは「病理医ヤンデル」こと市原真さん。Twitterのフォロワー数14万人弱のインフルエンサ−であり、無類の読書家としても知られるヤンデル先生は、ありがたいことに20年来の私のファンでもある。対談動画の2本目は、ヤンデル先生が初めて購入した私の著書について語っていただいた。(収録日:2021年7月23日)

  今回ご紹介する撮り下ろした写真は栃木県。文中にも書いたように、栃木県グリーンスタジアムにはこれまで取材で何度か訪れたものの、宇都宮駅からシャトルバスで往復するだけ。栃木県本来の魅力に触れる機会は、なかなか得られなかった。そんな中、国体のメイン会場としてカンセキスタジアムとちぎがオープン。施設そのものの美しさもさることながら、最寄り駅の西川田駅から東武鉄道を利用して、さまざまな観光地を訪ね歩いたのも良き思い出だ。栃木もまた、サッカー観戦だけではもったいない県なのである。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ