【サッカー人気2位】【山雅探報】背水!松本山雅に希望はある…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

「被写体」としての長友佑都を堪能する(2021年9月25日@味スタ)

 日本代表欧州組の「帰国ラッシュ」が相次いだ今夏。大迫勇也と武藤嘉紀がヴィッセル神戸へ、酒井宏樹が浦和レッズへ。そして乾貴士と長友佑都は、それぞれ古巣のセレッソ大阪とFC東京へ。この土曜日は、長友と酒井のマッチアップが楽しみな、FC東京vs浦和の試合をチョイスしてみた。

(残り 518文字/全文: 652文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ