【サッカー人気2位】関根貴大がチームを牽引する想いを語る …

宇都宮徹壱ウェブマガジン

#ウチ壱 第5回課題「ツエーゲンファミリー」各賞発表 そして第6回課題は「あのマスコットっちゃ!」

「最近の宇都宮徹壱WMは、マスコット成分が足りない」

編集会議でのそんな指摘からスタートした「Jマスコット ウチの子が一番!(#ウチ壱)」。第5回はツエーゲン金沢のゲンゾー、ナンシー、ゲンゾイヤー、そしてヤサガラスの「ツエーゲンファミリー」が課題でした。まずは1次審査を通過した17点を動画にてご紹介しましょう。

今回は、ツエーゲン金沢の中野由茉さんによる「グッズ担当の女賞」、そして宇都宮が選ぶ「ぬい撮り賞」と「徹壱賞」の3賞を発表。選ばれた3作品は、来年1月に開催される予定の「マスコット写真大賞2021(仮)」に自動的にエントリーされます。それではお待ちかねの発表です!

<グッズ担当の女賞>
No.03 にゃっくす(東京都)

悪だ悪だと言っている割に実は優しいヤサガラス様。
またお会いできる日が来ると嬉しいですね。

【講評】グッズ担当としては、やはりグッズ(ぬいぐるみ)を持っている点が目を引くポイントでした!
そして、関係性を揶揄するようなゲンゾイヤーの持ち方に「さすがヤサガラス」の感嘆の一言がつい漏れました(嬉し泣)。
ヤサガラスの表現力を見事に捉えていることが受賞理由。おめでとうございます!

<ぬい撮り賞>
No.08 @syuta0316(石川県)

金沢マスコッツが好き過ぎるあまり勝手に作った自己満足お人形達ですw

【講評】まず、組写真という見せ方が目を引きました。ゲンゾイヤーとヤサガラス、それぞれの造形美がストレートに伝わってきます。しかも、自作のお人形というもの素晴らしい!「自己満足」の枠を超えて、十分に作品として成立していると思いました。
既製のぬいぐるみを撮影するのではなく、自作のマスコット人形で独自の世界観を作っていく。ぬい撮りの新たな可能性を示したという点でも評価したいと思います。

<徹壱賞>
No.02 たぬきよ(兵庫県)

ヤサガラス、ゲンゾイヤー、ナンシーさんと多彩なキャラクターがある中で選ぶのが大変でしたが、やっぱり少年らしくヤンチャなキャラでお出迎えしてくれたゲンゾーさんで!
私の被ってたたぬきキャップが凄く気になってて被りたそうにしてたので、被せてあげたらこのダブルピースでアウェイの私をお出迎え!
またいつか金沢マスコット劇場に彼に会いに行きたいですね!

【講評】ヤサガラスを撮影した作品が安定多数を占める中、ゲンゾーに向き合うストレートな眼差しがまず目を引きました。たぬきキャップを被ってもらって撮影という、思いがけないシーンを逃さず、しっかりカメラに収めた瞬発力も評価したいと思います。
できれば、ピースサインがわかるくらいの画角をキープすれば、なおよかったですね。今後は、画角や構図を変えながら、数カットを撮ることを心がけてください。

 

というわけで受賞者の皆様、おめでとうございます! 惜しくも受賞を逃した皆様、次回もご応募をお待ちしております。というわけで、第6回 #ウチ壱の次回の「課題」マスコットを発表します!

九州のマスコットを代表して、大分トリニータの「ニータン」です!
下記の募集要項を満たした上、ぜひ自信作をお送りください(ぬい撮りも他サポの方からのご応募も大歓迎です)。

●募集期間

・2021年11月8日(月)~11月30日(火)

●送っていただく画像について

・ホームゲームやイベントなどで撮影した、マスコットの写真。または、ご自身のぬいぐるみを撮影した、ぬい撮り写真(いずれも課題マスコットに限ります)。
・お1人さま1点限定でお願いします(WM会員の方は3点まで可)。
・画像形式はjpeg、サイズは横800ピクセル以上、縦450ピクセル以上で1MB以内。

●メールでの記入事項

・お名前(ハンドルネーム可)
・年齢
・お住まいの都道府県
・サポートクラブ
・好きなマスコット
・作品に関するコメント(200字程度)
・メールアドレス

●送り先のメールアドレス

infotetewm@targma.jp

※優秀作品は当WMにて、翌月第2週に公開予定(お名前+都道府県、コメントも掲載)。なお、あくまで「作品」としての扱いになりますので、写り込んだ方のお顔に画像処理は施しません。あらかじめご了承ください。

当企画は、マスコットファンの皆さんのご参加があって、成立します。当WMの会員でない方でも、どうぞお気軽にご参加ください。そして当企画を盛り上げることで、いずれJリーグアウォーズに「マスコット部門」が新設されることを目指します!

なお、今月の「#ウチ壱」インタビューは、11月22日に掲載予定。ゲスト審査員は、大分の番記者としても有名な、あの方にお願いしました。どうぞお楽しみに!

<この稿、了>

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ