【サッカー人気4位】【山雅探報】京都で夢を掴んだ”安曇野の…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

#ウチ壱 インタビュー「ニータンの個性は、機動性が悪すぎることなんですよね」byひぐらしひなつ😍大分トリニータ番記者

「Jマスコット ウチの子が一番!(#ウチ壱)」の第6回課題マスコットは、大分トリニータの「ニータン」。最近は『圧倒的ニータン』も話題なので、どしどし作品が集まるだろうと思っていたのだが、現時点で応募数はわずか1名! 締め切りまで、あと9日しかない!「ニータンが可愛そう」と思った方は、下記参照の上、ご応募いただければ幸いである。

●募集期間
・2021年11月8日(月)~11月30日(火)
●送っていただく画像について
・ホームゲームやイベントなどで撮影した、マスコットの写真。または、ご自身のぬいぐるみを撮影した、ぬい撮り写真(いずれも課題マスコットに限ります)。
・お1人さま1点限定でお願いします(WM会員の方は3点まで可)。
・画像形式はjpeg、サイズは横800ピクセル以上、縦450ピクセル以上で1MB以内。
●メールでの記入事項
・お名前(ハンドルネーム可)
・年齢
・お住まいの都道府県
・サポートクラブ
・好きなマスコット
・作品に関するコメント(200字程度)
・メールアドレス
●送り先のメールアドレス
infotetewm@targma.jp
※優秀作品は当WMにて、翌月第2週に公開予定(お名前+都道府県、コメントも掲載)。なお、あくまで「作品」としての扱いになりますので、写り込んだ方のお顔に画像処理は施しません。あらかじめご了承ください。

なお、前回の受賞作品はこちらになります。

画像1

「チームはJ2降格となりました。残念でしたが、サッカーはまだ続いていきます。最近は勝って大喜びすることもなければ、負けて落ち込むこともなくなりましたね。勝っても負けても、すぐ次の試合がやってくるわけですし、降格すればまた昇格を目指すことになります。目の前の結果をどう消化して、ファンやサポーターの皆さんに何をお伝えするべきか。試合後はいつも、そのことばかりを考えています」

そう語るのは、同業者のひぐらしひなつさん。2007年から大分トリニータの番記者として、サッカー専門紙『エルゴラッソ』や大分の公式サイト『トリテン』を中心に健筆を振るう。ちょうどJ2降格が決まった直後でのインタビューとなったが、快く引き受けていただいた。

さて、シャープな試合分析と温もりが感じられる文章に定評がある、ひぐらしさん。それを下支えしているのが、徹底した現場主義である。

画像2

「ホームはもちろん、アウェーも全部行きます。基本的に移動は自走ですが、昔に比べると飛行機も使うようになりましたね。コロナ以降は、空港でレンタカーをピックアップしたら、スタジアムと宿とコンビニ以外には行きません。食事もホテルかコンビニ弁当ですね。大分は感染者が少ないので、県外を行き来している私としては、感染対応は可能な限りやってきました。それでも感染したら、自分に力がなかったと諦めるしかないですね(苦笑)」

そんなひぐらしさんに今回、特別審査員をお願いすることにしたわけだが、実は彼女は当初「あまりマスコットに関心がなかった」そうだ。しかし、アウェー取材を続けるうちに、次第にマスコットが身近なものに感じられるようになってゆく。

画像3

「何度も行っているうちに、顔を覚えられたんでしょうね。アウェーの現場で、やたらとマスコットに絡まれるようになったんです。ドーレくんに頭をポンポンされたり、サンチェに壁ドンされたり(笑)」

そうした経験から、他クラブのマスコットとニータンを比較するようになったという、ひぐらしさん。やがて、ニータンが極めて稀有なマスコットであることに気づくのに、それほどの時間は要しなかった。

「ニータンの個性は、機動性が悪すぎることなんですよね(苦笑)。ドーレくんは自転車に乗れるし、あのグランパスくんだって縄跳びできるじゃないですか。それなのに、ウチのニータンは台車で移動(笑)。とうとう指原(莉乃)ファンから専用台車が寄贈されて、指原さん本人にもサインを入れていただきましたよ」

画像4

とはいえ「あの機動性の悪さが、周囲をほっこりさせるんですよね」とも。その典型的な例が、シーズン前に八幡竈門神社で毎年行われる必勝祈願でのひとコマ。

「いつもニータンは張り切って、監督やクラブ代表と最前列にいるんですね。でも柏手が打てないから、お腹をポンポンと叩くんです(笑)。初めてそれを見た新加入の選手は、懸命に笑いを噛み殺しているのがわかる。もはや、一種の通過儀礼になっていますね」

ひぐらしさんには今回、たくさんのニータンの写真をご提供いただいた。ご本人いわく「ニータンは動きのバリエーションが少ないので、わりと同じポーズになりがちですね」。その一方で「造形がシンプルな球体なので、光が当たるとグラーデーションが豊かなんです」とも。最後に、ひぐらしさんからのアドバイスで、本稿を締めくくることにしたい。

画像5

「ニータンは、がんばり屋さんなので、階段を上るだけでも健気に感じられるんすよ。マスコット界随一の健気さを、ぜひ表現していただきたいですね。あと『圧倒的ニータン』も全国に広がっているようなので、ぬい撮りもお待ちしています!」

<この稿、了>

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ