【サッカー人気2位】【クラブニュース】金崎夢生が新型コロナ…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱(うつのみや・てついち)プロフィール

写真家・ノンフィクションライター。
1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、TV制作会社勤務を経て、97年に「写真家宣言」。以後、国内外で「文化としてのフットボール」を追い続け、スポーツナビを中心に積極的な取材活動を展開中。FIFAワールドカップ取材は98年フランス大会から、全国地域リーグ決勝大会(現地域CL)取材は05年大会から継続中。
10年に有料個人メールマガジン『徹マガ』を開始(16年6月末まで)。17年7月より『宇都宮徹壱WM(ウェブマガジン)』の配信を開始。

●著書

1998年 『幻のサッカー王国 スタジアムから見た解体国家ユーゴスラヴィア』(勁草書房)
1999年 『サポーター新世紀 ナショナリズムと帰属意識』(勁草書房)
2002年 『ディナモ・フットボール 国家権力とロシア・東欧のサッカー』(みすず書房)
2008年 股旅フットボール 地域リーグから見たJリーグ百年構想の光と影(東邦出版)
2009年 『フットボールの犬 欧羅巴1999‐2009』(東邦出版)
2011年 『日本代表の冒険 南アフリカからブラジルへ 』(光文社新書)
2012年 『松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン』(カンゼン)
2013年 『フットボール百景』(東邦出版)
2016年 『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ』(カンゼン)
2017年 『J2・J3フットボール漫遊記』(東邦出版)

●過去の主な掲載媒体

スポーツナビ
サッカー批評
フットボール批評
サッカーダイジェスト
footballista
エルゴラッソ
スポーツグラフィックナンバー
アエラ
中央公論

●受賞歴

2010年 第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞…『フットボールの犬』で
2017年 サッカー本大賞2017…『サッカーおくのほそ道』で

※編集長兼主筆の宇都宮が、なぜ個人メディアを立ち上げたのかについて、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック