サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

FOOTBALL THAILAND ~微笑みの国から眺める日本サッカーの未来~

【FOOTBALL THAILAND~今後の更新予定】スズキカップ、インタビュー企画、日泰移籍情報、アジアカップ、ACL情報etc

はじめまして! FOOTBALL THAILANDの本多辰成です。

12月1日にスタートしたタイサッカー情報をメインにお届けするウェブマガジン、「FOOTBALL THAILAND~微笑みの国から眺める日本サッカーの未来~」。タイサッカーの情報がメインとは言っても、アジアのサッカー界における存在感を年々強めているタイですから、それは自動的に日本サッカーにも大いに関わる情報になると思っています。

近年のACLにおけるタイ勢の手ごわさ、ロシアW杯アジア最終予選での直接対決、Jリーグにおけるタイ人選手たちの活躍(とりわけチャナティップのインパクト)。そういったものを通してここ数年、日本の皆さんも「明らかなタイの変化」を感じ取っていると思います。タイを先頭とする東南アジア勢の台頭はやがてアジア全体のレベルアップを促し、日本サッカーの未来にもつながるに違いない――。当ウェブマガジンのサブタイトルである「微笑みの国から眺める日本サッカーの未来」にはそんな思いを込めました。

現在は東南アジアサッカー界のビッグイベントであるAFFスズキカップ(東南アジア選手権)が佳境を迎えているためその関連情報が主となっていますが、今後はさまざまな記事を企画しています。

以下、今後掲載を予定しているコンテンツです。

<日泰移籍情報>
2010年代に入って多くの日本人選手がタイリーグでプレーするようになり、昨年にはついにタイ人選手がJリーグでプレーする時代も到来。このオフも、Jリーグ⇔タイリーグの選手移動があることは間違いないでしょう。すでに日本代表経験者のタイのビッグクラブへの移籍話や、タイ代表の主力選手のJ1クラブへの移籍話など、信憑性の高そうなものだけでも複数の情報がタイのメディアでは報じられています。日泰間の移籍情報を随時、FOOTBALL THAILANDならではの深度でお届けしていきます。

<アジアカップ情報>
年明けに迫ったアジアカップ。W杯ロシア大会でアジア最終予選まで進んだタイ代表は、ホスト国であった2007年大会以来の本戦に出場します。さらに、東南アジアからはタイのライバルであるベトナムとフィリピンも予選を勝ち上がって本戦出場を決めており、今大会はタイだけではない「東南アジアの台頭」を体感する機会となる予感がしています。タイをはじめとする東南アジア勢の動向をお伝えするのはもちろん、森保ジャパンとの対戦が実現した際にはどこよりも深い「対戦国情報」をお届けします!

<ACL情報>
ACLにおいて、かつてはアウトサイダーに近いレベルであったタイのクラブですが、近年はJリーグ勢にとっても決して侮れない存在。来季も本戦に登場してくるタイリーグ王者のブリーラム・ユナイテッドを筆頭に、プレーオフから参戦するリーグ2位のバンコク・ユナイテッド、FA杯覇者のチェンライ・ユナイテッドと力のあるクラブがアジアの舞台にやってきます。ブリーラム・ユナイテッドはJリーグ勢と同グループを戦うことが決まっており、チェンライ・ユナイテッドもプレーオフでサンフレッチェ広島と対戦する可能性があります。Jリーグ勢との対戦時には、FOOTBALL THAILANDならではの情報をお届けします。

<インタビュー企画>
タイのサッカー界には、選手だけではなく多くの日本人が関わっています。Jリーグからタイリーグに移籍した日本人選手、タイリーグの日本人指導者、スタッフ、代理人などさまざまな人物を取り上げる予定です。また、Jリーグに移籍するタイ人選手のインタビューなどもお届けできる機会があればと考えています。

* * *

12月5日にホームでのスズキカップ準決勝セカンドレグ、マレーシアとの一戦を控えているタイ代表。今、私は決戦の地・バンコクへと向かう機内でこの原稿を書いています。もうしばらくはスズキカップの記事がメインとなるかと思いますが、東南アジアサッカーの熱気を少しでも現地からお届けできればと思います。

それでは、これから「FOOTBALL THAILAND」をよろしくお願いいたします!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題