【サッカー人気3位】北関東ライター緊急座談会(後編)「緊急…

フットボール タイランド

東南アジア王者・ベトナムは、アジアカップでアジアを驚かせることができるか?【「ベトナムフットボールダイジェスト」宇佐美淳氏インタビュー<3/3>】

宇佐美氏が運営するウェブサイト「ベトナムフットボールダイジェスト」

ベトナムサッカーの情報を日本語で発信するウェブサイト「ベトナムフットボールダイジェスト」を運営する宇佐美淳氏インタビューの第3回をお届けする。

<1/3>(無料記事)はこちら
<2/3>はこちら

<目次>
◎過渡期にあった三浦俊也監督時代、育成が花開いた今
◎中東勢に強いベトナムがアジアを驚かせる?
◎タイとベトナムが牽引する東南アジアの未来

過渡期にあった三浦俊也監督時代、育成が花開いた今

──AFFスズキカップ(東南アジア選手権)で大会MVPを受賞したグエン・クアン・ハイを筆頭に、近年のベトナムは若い才能が続々と現れているように思います。ベトナムの育成環境の現状は、どのようなものですか?

宇佐美 トップリーグのクラブは下部組織を持っていなければいけないので、各クラブが育成年代のチームを有しています。11歳と13歳でセレクションをしているチームが多いですね。

──タイの場合、国内リーグが発展したことで近年になってようやく、ブリーラム・ユナイテッドやムアントン・ユナイテッドといったビッグクラブを先頭にして育成年代のチームを持つようになりました。ベトナムの場合は、いつ頃からトップリーグのクラブが下部組織を持っていたのですか?

宇佐美 私の知る限り、昔からありました。ただ、育成への投資が活発になったのはこの4、5年のことです。10年くらい前にグエン・コン・フォンらの「黄金世代」を輩出したホアン・アイン・ザライのアカデミーができ、PVFというトップチームを持たない育成特化型のチームが生まれるなどして、それに引っ張られるようにVリーグ各クラブの育成環境も整備されていきました。

──そういった背景があって、今のベトナム代表の躍進を支える「黄金世代」が生まれたのですね。グエン・クアン・ハイ以外では、特におすすめの若手選手はいますか?

(残り 3134文字/全文: 3992文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック