『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

フットボール タイランド

タイリーグ開幕前夜。明日からの移動に備えて、パッタイとタイマッサージ【泰国日記/2019年2月21日(木)@バンコク】(無料記事)

朝6時半過ぎに東京の自宅を出て、バンコク・ドンムアン空港に着いたのが16時半過ぎ。日本とタイの時差は2時間だから日本は18時半過ぎ、ちょうど半日かけてT1(タイリーグ1部)開幕前夜のタイにやってきた。午前中は防寒着の世界にいた体が慣れていないせいなのか、空港を一歩出ると、想像していた以上のムンッとした熱帯の空気の洗礼が。タイの暑さのピークは4月、5月。2月のバンコクって、こんなに暑かっただろうか……。

名物の渋滞の中、都心に1泊だけとった宿に移動。タクシーはだいたい予想の範囲の金額だったが、ドンムアン空港からスクンビット通りまでで高速代が120バーツ(本日のレートで約425円)。タクシーの高速代で100バーツ超えは払った記憶がないから、たぶん値上がりしたのだろう。それでもまだまだ安いとも言えるが、いろいろ確実に高くなっている。適当にとった宿がたまたま知人宅至近であることに気づき、連絡して屋台で夕食。海鮮パッタイ50バーツ、相変わらずの美味。タイのローカル飯のコスパは、やはり世界最強クラスだと思う。食後、同じく世界一のコスパだと思うタイマッサージ(1時間200バーツ=約700円)で英気を養う。

明日からはなかなかの移動となる予定。タイリーグにもJリーグで言うところの「金J」があって、明日金曜日に1試合だけの開幕戦が行われる。カードはラチャブリーFC対トラートFC。土曜日は移動がかなり心配なのだが、ブリーラム・ユナイテッドのホームでの開幕戦に足を運ぶつもりでいる。ラチャブリー県はタイの西隣にあるミャンマーと国境を接しており、一方のブリーラム県は東隣のカンボジアと国境を接している。タイの西の端から東の端へ。明日の開幕戦は20時キックオフだからおそらくバンコクには戻れず、そこから本当に翌日ブリーラムで19時キックオフの試合に間に合うだろうか……。

とは言っても、金曜日はラチャブリーの一択であり、細貝萌加入でACL浦和レッズ戦を控えているブリーラムも外したくないところだから仕方がない。もしリアルに無理そうだったら、ブリーラムは諦めて次節にしようと思う。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック