サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

フットボール タイランド

ブリーラムは浦和を「尊敬」しすぎたのか? スタイルを変え、ACL初戦を0対3で落とす【ACL試合レポート/浦和vsブリーラム】

(C)Football Thailand

「浦和戦用」の布陣を敷いてきたブリーラム

ブリーラム・ユナイテッドのスターティングメンバーを見た時、そのフォーメーションをパッと頭に浮かべることができなかった。

本来、右のウイングバックを務めるササラック・ハイプラコーンと、そのバックアップ的な存在であるナルバディン・ウィーラワットノドムの名前が同時に並んでいる。一方で、ともに今季の新戦力でタイリーグ開幕からスタメンで起用されていた元マリ代表FWモディボ・マイガ、ベトナム代表MFルオン・スアン・チュオンらの名前はそこになく、「いつものブリーラム」ではなかったからだ。アウェイでの浦和戦に臨んだブリーラムは、「形」を変えることを選択していた。

(残り 1742文字/全文: 2123文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック