【サッカーパック人気5位】 公式記録シュート0。もう一度ねじを締め直せるか、モンテディオ山形に敗れ…

フットボール タイランド

ついにベールを脱いだ「最強」U-22タイ代表、見せた力と見えた課題。AFC U-23選手権予選・試合結果&各試合フォーメーション

©Football Thailand

東京五輪予選を兼ねる「AFC U-23選手権タイ2020」の予選が終了し、インドネシア、ブルネイ、ベトナムとグループKで争ったタイは最終戦のベトナム戦に敗れて2勝1敗の2位という結果に終わった。タイは本大会のホスト国であるため、予選の結果に関わらずすでに本戦の出場権は得ている。

「東京五輪世代」の姿が見えてきた3試合

日本も含めてアジア各地で本戦出場をかけた「負けられない戦い」が繰り広げられたなか、本戦のホスト国であるタイにとって「予選」は少し違った意味合いを持っていた。ブラジル人指揮官のアレシャンドレ・ガマ監督の下、初めて下の世代も含めた最強のメンバーが招集されたU-22タイ代表にとっては、来年1月の本大会へ向けた準備やテストの場でもあった。ついにそのベールを脱いだタイの「東京五輪世代」、その予選3試合を振り返る。

【第1戦】

(2019年3月22日@ミーディン国立競技場/ベトナム・ハノイ)

タイ4-0インドネシア
前半:1-0
後半:3-0
得点者:[タイ]チンナパット21分、スパチャイ50分(PK)、71分、スパチョーク74分

威力を見せたスパチャイ、スパチョークのブリーラムコンビ

タレントの揃う前線には、スパチャイ・ジャイデッドとスパチョーク・サラチャートの注目のブリーラムコンビを2トップの形で配してきた。その下にこの世代を引っ張ってきたチョンブリーFCの司令塔ウォラチット・カニッシーバンペーンが入り、攻撃を操る。ACLなど大舞台での経験も豊富なスパチャイ、スパチョークの強力2トップは、初戦からその威力を見せた。インドネシアを相手にスパチャイがPKを含む2ゴール、スパチョークも見事なゴールでチームの4点目を決めている。インドネシアとは先月のAFF U-22選手権決勝で対戦して1対2と敗れているが、主力が揃った今大会では地力の差を見せつける結果となった。

<U-22タイ代表スタメン>

途中出場…MFアーノン、DFパチャラポン、DFキティポン

※U-22タイ代表招集メンバー詳細はこちら

<試合ハイライト>

※ベトナムサッカー連盟YouTubeチャンネルより

(残り 1830文字/全文: 2835文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック