今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

フットボール タイランド

ポートFCが5連勝で首位キープ。泥沼のムアントンは最下位抜け出せず【タイリーグ試合結果&日本人選手出場情報/T1・第10節&T2・第12節(5/11、12)】

5月11日、12日の両日、T1(タイリーグ1部)第10節の8試合と、T2第12節の9試合が行われた。

初優勝を狙う首位のポートFCはアウェイでチャイナートFCを3対0と下して5連勝で首位をキープ。消化試合が1試合少ない王者ブリーラム・ユナイテッドもホームでナコンラチャシマーFCに2対0と勝利して、首位ポートFCとの勝ち点差4を保った。なお、ブリーラムの元日本代表MF細貝萌は完全にセントラルMFとしてスタメンに定着しており、現地での評価も試合を追うごとに高まっている。一方、まさかの最下位に沈むムアントン・ユナイテッドは今節もホームでサムットプラカーン・シティに0対3と敗戦を喫し、出口の見えない泥沼に陥りつつある。

また、T1昇格を争うT2では開幕からBGパトゥム・ユナイテッドとアーミー・ユナイテッドが首位を激しく争ってきたが、神戸清雄監督率いるノーンブア・ピチャヤFCが3連勝で4位に浮上するなど、昇格争いは次第に混沌とした様相を見せはじめている。

<T1・第10節>
◎5/11(土)
チェンライ・ユナイテッド 1-0 PTTラヨーンFC

ムアントン・ユナイテッド 0-3 サムットプラカーン・シティ

チョンブリーFC 3-3 トラートFC

ブリーラム・ユナイテッド 2-0 ナコンラチャシマーFC
細貝萌(ブリーラム・ユナイテッド)先発フル出場

◎5/12(日)
ラチャブリーFC 2-2 スコータイFC

プラチュアップFC 2-1 スパンブリーFC

チャイナ―トFC 0-3 ポートFC
村上一樹(チャイナ―トFC)先発フル出場

チェンマイFC 1-1 バンコク・ユナイテッド
ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド)途中出場/77分

 

<T2・第11節>
◎5/11(土)
ネイビーFC(16位/勝点8) 1-1 ウドンターニーFC(9位/勝点16)
下地奨(ウドンターニーFC)先発フル出場

カセサートFC(13位/勝点12) 1-1 エアフォース・ユナイテッド(18位/勝点7)
ヴィンセント・ケイン(エアフォース・ユナイテッド)先発フル出場

ノーンブア・ピチャヤFC(4位/勝点24) 4-0 カスタムズ・ユナイテッド(17位/勝点8)
大久保剛志(カスタムズ・ユナイテッド)出場せず
寄特直人(カスタムズ・ユナイテッド)出場せず

チェンマイ・ユナイテッド(14位/勝点11) 2-1 ポリス・テロFC(6位/勝点18)
嶺岸光(チェンマイ・ユナイテッド)途中出場/88分

アーミー・ユナイテッド(2位/勝点28) 5-0 ウボン・ユナイテッド(12位/勝点13)
山口廉史(ウボン・ユナイテッド)途中出場/40分

◎5/12(日)
シーサケットFC(3位/勝点24) 0-0 ランパーンFC(5位/勝点22)
片野寛理(シーサケットFC)先発フル出場
地頭園雅弥(ランパーンFC)先発出場/73分交代

BGパトゥム・ユナイテッド(1位/勝点31) 1-0 タイ・ホンダFC(11位/勝点13)
馬場悠企(BGパトゥム・ユナイテッド)先発出場/90+4分交代
長崎健人(タイ・ホンダFC)先発フル出場
中野遼太郎(タイ・ホンダFC)先発フル出場

コンケーンFC(7位/勝点17) 2-1 サムットサコーンFC(10位/勝点16)
杉下聖哉(コンケーンFC)先発フル出場

アユタヤー・ユナイテッド(15位/勝点9) 0-0 ラヨーンFC(8位/勝点16)
松村亮(ラヨーンFC)先発フル出場

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック