田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

フットボール タイランド

ブリーラムがポートFCとの大一番を制して首位浮上。村山サムットプラカーンは白星発進【タイリーグ結果&日本人出場情報/T1・第14節&T2・第16節(6/15、16)】

6月15日、16日の両日、T1(タイリーグ1部)第14節の8試合と、T2第16節の9試合が行われた。

今節、最注目のカードは初優勝を狙う首位ポートFCと3連覇を狙う2位ブリーラム・ユナイテッドとの一戦。今シーズン前半戦最大の大一番とも言える一戦はアウェイのブリーラムが3対1で勝利してついに首位に浮上した。また、元サンフレッチェ広島強化部スカウトの村山哲也氏が監督に就任したサムットプラカーン・シティはアウェイで最下位のスパンブリーFCと対戦、1対0で勝利して白星の船出となった。

<T1・第14節>
◎6/15(土)
ナコンラチャシマーFC 2-1 チャイナ―トFC
村上一樹(チャイナ―トFC)先発フル出場

プラチュアップFC 0-0 チェンライ・ユナイテッド

トラートFC 2-0 スコータイFC

スパンブリーFC 0-1 サムットプラカーン・シティ

◎6/16(日)
ポートFC 1-3 ブリーラム・ユナイテッド
細貝萌(ブリーラム・ユナイテッド)先発フル出場

チョンブリーFC 2-0 ムアントン・ユナイテッド

チェンマイFC 0-2 PTTラヨーンFC

バンコク・ユナイテッド 2-0 ラチャブリーFC
ハーフナー・マイク(バンコク・ユナイテッド)出場せず

<T2・第16節>
◎6/15(土)
ウボン・ユナイテッド(12位/勝点18) 0-0 ポリス・テロFC(7位/勝点25)
山口廉史(ウボン・ユナイテッド)先発フル出場

アーミー・ユナイテッド(2位/勝点31) 2-2 BGパトゥム・ユナイテッド(1位/勝点41)
馬場悠企(BGパトゥム・ユナイテッド)ベンチ入りせず

アユタヤー・ユナイテッド(16位/勝点13) 1-1 タイ・ホンダFC(8位/勝点23)
長崎健人(タイ・ホンダFC)先発フル出場1ゴール
中野遼太郎(タイ・ホンダFC)先発フル出場

ウドンターニーFC(6位/勝点25) 3-2 サムットサコーンFC(13位/勝点17)
下地奨(ウドンターニーFC)先発フル出場

コンケーンFC(10位/勝点23) 1-0 カセサートFC(11位/勝点18)
杉下聖哉(コンケーンFC)先発出場/12分交代

◎6/16(日)
シーサケットFC(4位/勝点27) 3-0 エアフォース・ユナイテッド(18位/勝点7)
片野寛理(シーサケットFC)先発出場/89分交代
ヴィンセント・ケイン(エアフォース・ユナイテッド)ベンチ入りせず

カスタムズ・ユナイテッド(17位/勝点12) 0-0 チェンマイ・ユナイテッド(14位/勝点17)
大久保剛志(カスタムズ・ユナイテッド)先発フル出場
寄特直人(カスタムズ・ユナイテッド)ベンチ入りせず
嶺岸光(チェンマイ・ユナイテッド)途中出場/62分

ラヨーンFC(9位/勝点23) 3-3 ランパーンFC(3位/勝点29)
松村亮(ラヨーンFC)途中出場/61分
地頭園雅弥(ランパーンFC)先発出場/74分交代

ネイビーFC(15位/勝点14) 1-0 ノーンブア・ピチャヤFC(5位/勝点27)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック