【サッカー人気5位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

フットボール タイランド

決戦の地マレーシア入りし、Jリーグ組も合流したタイ代表。「アウェイ戦でも基本的には今までやってきた戦術を踏襲したい」【西野朗監督コメント(11月11日)】

「ピッチが一番問題だと思う」

W杯アジア2次予選の決戦の地、マレーシア・クアラルンプール入りしたタイ代表。Jリーグ組のチャナティップ・ソングラシンとティーラトン・ブンマータンも合流し、14日の試合に向けて調整を行っている。タイ代表が苦手としているマレーシアのホーム「ブキットジャリル」での一戦を3日後に控えた西野朗監督がタイメディアの取材に答えた。

西野 日に日にコンディションも上がって雰囲気も非常にいいですし、ジェイ(チャナティップ)とウム(ティーラトン)も合流して、結束を固めて戦いたいというものを感じます。

──アウェイ戦だが守備の意識を持って戦うのか、攻撃的に行くのか。

(残り 716文字/全文: 1002文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック