【サッカー人気3位】ひと回りもふた回りも成長したオビ・パウ…

フットボール タイランド

史上初! 日本人監督がタイのクラブを率いてACL本戦へ。タイ王者チェンライUの監督に滝雅美氏が就任、鹿島or川崎と対戦か

滝氏のチェンライ・ユナイテッド監督就任をトップで報じるリーグ公式サイト

タイ代表に続き、タイ王者も日本人指揮官に

2019年のタイリーグ王者であるチェンライ・ユナイテッドは11日、日本人の滝雅美氏が新監督に就任したことを発表した。

今季のタイリーグでは3連覇を狙ったブリーラム・ユナイテッドと最後まで激しい優勝争いを演じ、最終節で劇的な逆転優勝を果たしたチェンライ。来季はクラブ初のACL本戦出場が決まっており、10日に決定した組み合わせではグループEに組み込まれている。

同グループには「プレーオフ4の勝者」が入ることとなっており、日本の第4代表(Jリーグ3位のチーム)が勝ち上がる可能性がある。Jリーグ3位の鹿島アントラーズ、もしくは鹿島が天皇杯を制した場合は同4位の川崎フロンターレがグループステージでチェンライと同居する可能性が高い。

※ACLの詳しい組み合わせはこちら

過去には和田昌裕氏がチョンブリーFCを率いて2014年のACL予選を戦った例があるが、日本人がタイのクラブの監督としてACL本戦に出場するのはこれが初めてのこととなる。現在、タイ代表を前日本代表監督の西野朗氏が率いているが、クラブレベルでも「日本人指揮官」が話題を集めそうだ。

「タイリーグ初の日本人監督」滝雅美氏とは?

(残り 474文字/全文: 1084文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック