【サッカー人気1位】なぜJ1で4-3-3が急増しているのか…

フットボール タイランド

2020年、タイ人Jリーガーはどうなる?~チャナティップ、ティーラトン、ティティパン【残留可能性編】

©Football Thailand

2018年にはチャナティップが北海道コンサドーレ札幌の躍進を牽引してJリーグベストイレブンとなり、2019年はティーラトンが不動の左サイドバックとして横浜F・マリノスの優勝に貢献。タイのトップ選手たちの能力は誰もが認めるところとなり、このオフは昨年まで以上にタイ人選手のJリーグ移籍の噂が数多くささやかれている。

今季J1でプレーした3選手(チャナティップ、ティーラトン、ティティパン)を含めると、来季Jリーグでプレーする可能性がある存在として現在のところ計9名ほどのタイ人選手の名前がタイのメディアでは上がっている(クラブ間の提携関係による育成型の移籍は除く)。

実際、来季はどれくらいのタイ人選手がJリーグでプレーすることになるのか。まずは、今季J1でプレーした3選手の残留の可能性から見ていきたい。

チャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)

欧州からのオファーなければ残留が既定路線

2017年のシーズン途中にムアントン・ユナイテッドからのレンタル移籍で札幌に加入したチャナティップ。18年にはJリーグベストイレブンの活躍でその地位を確かなものとし、タイ人選手としては初となる完全移籍が実現した。19年はチームとしては順位を落としたが、チャナティップの存在感は不動のものだった。

チャナティップ本人は残留を明言しており、三上大勝GMも現時点では残留が基本路線であるという発言をしている。だが、シーズン中にも欧州クラブからのオファーの噂はタイのメディアでも複数上がっており、今後、正式なオファーがあった場合は条件次第では日本を離れる可能性も否定はできない。

とはいえ、現状では来季のJ1でプレーする可能性の最も高いタイ人選手であることは間違いないだろう。

ティーラトン(横浜F・マリノス)

(残り 1104文字/全文: 1925文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック