J2終盤戦展望スペシャルLIVE(J論)

フットボール タイランド

石井正忠監督のタイリーグ初陣は昨季王者とドロー。「王者にこれだけ戦えた。選手たちの2カ月の取り組みは非常に評価できる」

©Football Thailand

「思った以上にすぐに意識を変えられた」

14日、タイリーグ全体の開幕戦としてホームに昨季のリーグ王者チェンライ・ユナイテッドを迎えたサムットプラカーン・シティ。今季からチームを率いる石井正忠監督はホームで勝ち点を落としたことを悔しがりながらも、就任からの約2カ月の取り組みには手ごたえも感じているようだ。

以下、開幕ゲームのチェンライ戦後の石井監督のコメント。

石井 今日の試合、勝ち点3を取りにチーム全員がしっかり90分間戦ってくれたと思いますけども、結果が勝ち点1しか取れなかったのは非常に残念に思っています。

前半は非常に相手チームにボールを持たれる時間が多かったんですけども、後半は自分たちでしっかりパスをつないで、というサッカーもできたので。そういう点ではよかったと思います。

(残り 1040文字/全文: 1464文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ