現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【インタビュー】栃木SC 斉藤大介が語る前節の手応えとチームの現在地「勝つために厳しく言い合う関係が必要」

ボールの動かし方には手応えはあった。悲観すべき内容ではない

 

――この前の秋田戦を振り返ると。

「前半はそこまで悪くなかったと思いますし、相手のワンチャンス、ミドルでやられたのでそこはやられてはいけなかったと思いますが、そのほかはボール自体は動いていたし、サポート、トップにボールが入ったときのところは物足りなさはあったと思いますけど、クロスも相当多かったですし、クロスの上げるタイミング、入り方でもう少し工夫、変化は必要かなと。なかが止まった状態で受けることが多かったので、そこはクロスが上がるタイミングでスピードを上げて入っていく、その迫力が足りなかったかなと。ただ、今まで何試合かやってきたなかでは、割とやるべきを整理したかたちで試合に入れたというところはあります。

(残り 3129文字/全文: 3468文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ