「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント】栃木SC J3第9節グルージャ盛岡戦に向けて尾本敬、山本大稀、菅和範のコメント「ゲーム中に細かい部分をもっともっと突き詰めていかなければならない」(菅)

■尾本敬

ようやく形になってきた。ここからもっと突き詰めてやっていければ。

 

――前節はファーストボールへの競り合いはほぼ勝っていました。チームが徐々にですがよくなってきたというところで修正を繰り返してきたと思うんですが、その過程を知りたいです。

「最近、徐々に良くなってきているのは、自分たちでどうしていくのか、その都度そのシーンによって自分たちでコミュニケーションをとってやっていこう、というのを選手間でもやっているし、監督にもそれを求められています。僕がセンターバックなので、ボランチと話しながら、プレスにいくところと、いかないところ、それから我慢する時間帯とか、攻撃にしても相手が嫌がっているところとか、そういうものをチームで話しながらできていることが少しずつ良くなってきている要因なのかなと思います。みんなで話すことによってみんなが自分たちでやるべきことをはっきりさせたところがあるんで、だからみんなが迷いなくやれるようになったのかなと」

(残り 4730文字/全文: 5151文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック