【サッカー人気1位】INAC神戸レオネッサ なぜ2位まで急…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント】栃木SC J3第11節C大阪U-23戦後の横山雄次監督のコメント「チームの負の歴史を断ち切れたことは非常にうれしい」

2016明治安田生命J3リーグ第11節
2016年5月29日13時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 4,112人
天候 晴れ、弱風
気温 30.4℃
湿度 40%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 1-0 C大阪U-23
(前半0-0、後半1-0)
得点者:87分 ジャーン・モーゼル(栃木)

 

<スターティングメンバー>

◆栃木SC
GK 21 吉満 大介
DF 17 山形 辰徳
DF 4 広瀬 健太
DF 5 尾本 敬
DF 7 菅 和範
MF 8 廣瀬 浩二
MF 6 古波津 辰希
MF 30 本間 勲
MF 20 山本 大稀
FW 13 上形 洋介
FW 9 大石 治寿

控えメンバー
GK 1 竹重 安希彦
DF 18 坂田 良太
MF 10 杉本 真
MF 14 西谷 和希
MF 2 西澤 代志也
MF 41 佐々木 勇人
FW 11 ジャーン モーゼル

監督 横山 雄次

16分 広瀬→坂田 64分 山本→佐々木 78分 上形→ジャーン

16分 広瀬→坂田
64分 山本→佐々木
78分 上形→ジャーン

■横山雄次監督

チームのためにタフに戦えないといけないという雰囲気が少しずつ出てきた

 

「ホームで今日ゲームを迎えて多くのサポーターに来ていただいて、暑いなかでしたけど、最後まで非常に大きな声援をいただいたおかげで勝利することができました。今週のトレーニングを迎えるにあたって、昨年から栃木SCが連勝していないということがありました。今季もどうにかしようとここまでリーグ戦を戦ってきましたが、なかなか連勝を達成できずにいて、サポーターにも期待を裏切ることが多くあったなかで、今節はその負の歴史を変えようと働きかけるなかで準備してきました。その負の歴史を断ち切れたことは非常に嬉しく思っています。ただ、まだまだリーグ戦を見たときに満足できる内容でも結果でもないので、一週空きますけど、次の試合に向けてしっかり準備してやっていきたいです」
――5月は負けなしの締めくくり。逆襲の5月というテーマで勝点を積み重ねられた評価は。

(残り 1707文字/全文: 2524文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック