【サッカーパック人気1位】 「西村卓朗強化部長のGM就任で何が変わるのか」【コラム】

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【レビュー】栃木SC J3第20節FC東京U-23戦 主役はPK二度献上の主審。連勝ストップのドローで中断期間へ。問われるブレない姿勢。

2016明治安田生命J3リーグ第20節
2016年8月7日17時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 5,145人
天候 晴天、弱風
気温 29.3℃
湿度 60%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 1-1 FC東京U-23
(前半1-0、後半0-1)
得点者:40分 廣瀬浩二(栃木)、82分 林容平(FC東京U-23)

<スターティングメンバー>

◆栃木SC
GK 21 吉満 大介
DF 17 山形 辰徳
DF 4 広瀬 健太
DF 5 尾本 敬
DF 7 菅 和範
MF 8 廣瀬 浩二
MF 2 西澤 代志也
MF 30 本間 勲
MF 38 宮崎 泰右
FW 13 上形 洋介
FW 9 大石 治寿

控えメンバー
GK 1 竹重 安希彦
DF 18 坂田 良太
DF 29 島川 俊郎
MF 14 西谷 和希
MF 20 山本 大稀
FW 11 ジャーン モーゼル
FW 32 リカルド ロボ

監督 横山 雄次

57分 上形→西谷 84分 廣瀬→ロボ 90分 大石→ジャーン

57分 上形→西谷
84分 廣瀬→ロボ
90分 大石→ジャーン

主審が2本のペナルティを献上し主役になった試合

主審のイ・サンギはこの試合、40分に栃木、82分にFC東京U-23にペナルティキックを与える笛を二回吹いた。

40分に相手ペナルティエリア内で倒された上形洋介はなぜ笛を吹かれたかわからなかったという。イ・サンギの頭にも、やってしまった、という疑念があったのかもしれない。彼は、82分にもう一度、今度はFC東京U-23にペナルティキックを与えることにしたようだ。帳尻合わせのペナルティキックである。イ・サンギの考えは残念ながら裏取りできないが、こちらの勝手ながらそんな心理が働いたと想像する。

 

帳尻合わせのペナルティはフットボールでは万国共通、よくあることだ。

そんなことはチームはよくわかっていた。

(残り 4773文字/全文: 5505文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック