【サッカーパック人気2位】 難攻不落の水戸城を攻略せよ。ディフェンスを強調し、K’s決戦に赴くFC…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント】栃木SC J3第24節FC琉球戦後の広瀬健太「(同点のシーンは)みんなゴールを狙っていたし、意地のゴールだった」吉満大介「シュートに対してうまく反応することはできた」

2016明治安田生命J3リーグ第24節
2016年10月2日18時キックオフ 沖縄県総合運動公園陸上競技場
入場者数 1,473人(うち栃木サポーターはバックスタンドに90人、メインスタンドに30人で計120人)
天候 曇り、無風
気温 29.1℃
湿度 75%
ピッチ 全面良芝、乾燥

FC琉球 1-1 栃木SC
(前半0-0、後半1-1)
得点者:65分 パブロ(FC琉球)、87分 広瀬健太(栃木SC)

 

<スターティングメンバー>
GK 21 吉満 大介
DF 17 山形 辰徳
DF 4 広瀬 健太
DF 5 尾本 敬
DF 7 菅 和範
MF 38 宮崎 泰右
MF 2 西澤 代志也
MF 30 本間 勲
MF 14 西谷 和希
FW 8 廣瀬 浩二
FW 32 リカルド ロボ
控えメンバー
GK 1 竹重 安希彦
DF 18 坂田 良太
DF 29 島川 俊郎
MF 41 佐々木 勇人
MF 6 古波津 辰希
FW 11 ジャーン モーゼル
FW 9 大石 治寿
監督 横山 雄次
57分 廣瀬→大石 70分 宮崎→佐々木 81分 本間→島川

57分 廣瀬→大石
70分 宮崎→佐々木
81分 本間→島川

87分に同点ゴールを決めた広瀬健太。

87分に同点ゴールを決めた広瀬健太。

 

■広瀬健太

相手のほうが球際が強く、セカンドボール争いでも勝っていた

 

――同点ゴールを振り返ると。

「ゴールに向かう姿勢のところが大事だったんで、たまたまボールが来たのが自分だっただけで、みんなゴールを狙っていたと思うし、意地のゴールだったと思います」

――負け試合を引き分けにする大きなゴールでした。

「そうですね。連敗しなかったことは非常に大きいと思うし、でも、試合内容を見てみれば相手のほうが一歩速くて、自分たちは後手に回ってしまったなというのが今の感想です」

(残り 2252文字/全文: 3028文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック