『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【ニュース】栃木SC チーム在籍最長戦士。栃木色に染まり愛された赤井秀行、ついに契約満了。

08年から9シーズン在籍のヒデ、ついに契約満了

 

26日、栃木SCは今季途中からSC相模原に期限付き移籍していた赤井秀行を契約満了とし、来季の契約を更新しないことを発表した。以下、クラブを通じた本人のコメント。コメント、データなどはクラブオフィシャルから引用。

 

「大卒で入団した2008年、JFLからJ2昇格を目標にチーム一丸となり戦い、そして皆さんとJ2昇格を決めたあの瞬間は、喜びや感動という言葉では言い表せないぐらい自分にとって歴史的瞬間でした。昨年、J3降格という結果になり自分自身何も貢献できず、申し訳なく思っています。これまで何度かサッカーを辞めようかと悩んだ時もありましたが、たくさんのサポーターの方々に応援して頂けた事で、ここまでやってくることができました。そして、様々な経験させてくれた栃木SCに関わる全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。9年間本当にありがとうございました。」

 

【ポジション】DF
【背番号】19
【生年月日】1985年5月2日(31歳)
【出身】千葉県
【身長/体重】173cm/71kg
【経歴】柏レイソルJrユース → 流通経済大付柏高 → 流通経済大 → 栃木SC (2016.7.6~SC相模原へ期限付き移籍)
【出場記録】Jリーグ:173試合/6得点 (J2:163試合/6得点・J3:10試合/0得点 ※2016シーズンは10試合/0得点)

 

今夏、相模原へレンタル移籍をしていた赤井秀行が、今季の終了をもって栃木SCと契約更新しないことが発表された。今夏、出場機会を求めて相模原への移籍を決意した赤井ヒデ。以下は当時の記事。

【無料記事】【コラム】栃木SC 期限付き移籍で相模原へ発った赤井秀行。最後まで赤井らしく、ヒデらしく――。

移籍した先の相模原では宇都宮の”ミヤ”を想起させる背番号38を身につけ、16節から追加登録された。残り15試合中10試合に出場。途中指揮官が交代するなどしたが、変わらず試合に出場し続け、ディフェンダーとして存分に暴れた。10月30日の27節FC東京U-23戦で負傷。そのままシーズンを終えたが、ケガを理由にトライアウトには参加できなかった。栃木には9シーズンと長期間にわたって在籍。広く、深く、栃木の人たちに愛された赤井ヒデ。気になる今後については近いうちに何らかの報告があると思われる。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ