【サッカー人気3位】ストライカーポジションは現状でオナイウ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【ニュース】高校サッカー 佐野日大が18大会ぶりベスト8に進出 第95回全国高校サッカー選手権大会

佐野日大が3回戦でPK戦の末勝利、18大会ぶりベスト8に進出

 

第95回全国高校サッカー選手権大会3回戦

佐野日大(栃木) 2-2(PK4-3) 一条(奈良)

 

3日、第95回全国高校サッカー選手権大会3回戦が各会場で開催され、栃木県代表の佐野日大高校が、奈良県代表の一条高校と対戦した。

 

佐野日大は3バックで守備を固めながら、奪ったあとの速い攻撃で一条ゴールを狙い、18分に梅澤崚のゴールで先制に成功する。27分に一条の加茂裕輝に同点ゴールを許したが、前半終了間際に大熊啓太のゴールで勝ち越して1点リードで前半を終えた。

 

後半もまずは守備を固めながら相手の攻撃に対処しつつ、カウンターからゴールを狙う自分たちのスタイルで応戦。終盤は相手の猛攻に遭いながらも堅い守備が機能、そのまま逃げ切れるかに思えたが、しかし終了間際の79分に再び一条の加茂裕輝にゴールを許し、土壇場で同点ゴールを許してしまう。

 

80分間では決着はつかず試合の行方はPK合戦にゆだねられることに。「ここまできたら絶対に負けたくなかった」(佐野日大GK中村一貴)。PK戦ではGK中村が鋭い読みで相手シュート2本をゴールマウスからはじき出すと、PK合戦を4-3で切り抜け勝利した。

 

1回戦で和歌山北(和歌山)に1対0、2回戦で米子北(鳥取)に1対0、そして3回戦で一条に勝利した佐野日大は、チームとして18大会ぶりのベスト8進出を決めた。佐野日大の次戦は、1月5日12時から、東京A代表の駒澤大学高校と準々決勝を戦う。

 

※栃木フットボールマガジンは1月5日まで更新をお休みしていますが、勝ちあがる佐野日大高校の戦いぶりは速報します。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック