本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント 2/25】栃木SC J2開幕節大分トリニータ戦後の横山雄次監督「前半の4分と11分に失点しまうことはこの2年でなかったことなのでゲーム的に難しくなってしまった。ただ、全体を通して選手たちは諦めない姿勢、ハードワークすることは見せてくれた」

2018明治安田生命J2リーグ第1節

2018年2月25日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 8,526人
天候 曇り、無風
気温 6.6
湿度 50%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 2-4 大分トリニータ
(前半0-3、後半2-1)
得点者:4分 後藤優介(大分)、11分 後藤優介(大分)、24分 藤本憲明(大分)、57分 大黒将志(栃木)、78分 伊佐耕平(大分)、90+3分 西谷和希(栃木)

<スターティングメンバー>
GK 33 石川 慧
DF 26 夛田 凌輔
DF 3 西河 翔吾
DF 30 田代 雅也
DF 28 温井 駿斗
MF 21 牛之濵 拓
MF 5 ヘニキ
MF 11 岡﨑 建哉
MF 14 西谷 和希
FW 9 大黒 将志
FW 25 ネイツ ペチュニク
控え
GK 15 ジョニー レオーニ
DF 19 服部 康平
MF 2 西澤 代志也
MF 24 和田 達也
MF 29 川田 拳登
FW 8 廣瀬 浩二
FW 16 榊 翔太

横山雄次監督

82分 牛之濱→川田
82分 岡﨑→和田

■横山雄次監督

早い失点でゲームが難しくなった

 

「ホームで迎える開幕戦で、多くのファン・サポーターにきていただき、素晴らしい雰囲気を作っていただきました。だからこそ勝点3が欲しい試合でしたし、この結果は非常に残念です。申し訳なく思っています。ゲーム展開でいえば、やってやる、という開幕戦の雰囲気があって、そのままキックオフに入っていけると思ったんですが、それが立ち上がりは逆に作用したと思います。簡単に失点をしてしまって、前半の4分と11分に失点しまうことはこの2年でなかったことなのでゲーム的に難しくなってしまったと思います。ただ、全体を通して選手たちはあきらめない、ハードワークすることは見せてくれたと思います。実際にチャンスの数も多かったし、ゴール前でいい形を作るのは、ここ2年でなかったような形がいっぱいあって、よかったところはあります。ただ、今年栃木がJ2を戦ううえでそれでOKにしてしまうのは危ないと思っているので、しっかり反省をする必要があるし、終わってから選手たちには、今日の課題を修正して次の岡山戦に臨もう、という話をしました。僕自身、映像でポイントを整理して次につなげたいと思っています」

(残り 1691文字/全文: 2634文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック