【サッカー人気3位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント3/17】栃木SC J2第4節カマタマーレ讃岐戦後の西河翔吾「監督が求めることを選手たちが体現できたと思う」岡﨑建哉「相手によって戦い方を変えることができるのはいい」

2018明治安田生命J2リーグ第4節

2018年3月17日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 3,203人
天候 晴れ、無風
気温 10.8
湿度 28%
ピッチ 良芝、乾燥

栃木SC 1-0 カマタマーレ讃岐
(前半1-0、後半0-0)
得点者:41分 西谷和希(栃木)

<スターティングメンバー>
GK 15 ジョニー レオーニ
DF 3 西河 翔吾
DF 19 服部 康平
DF 30 田代 雅也
DF 28 温井 駿斗
MF 27 久富 良輔
MF 5 ヘニキ
MF 11 岡﨑 建哉
MF 14 西谷 和希
FW 9 大黒 将志
FW 25 ネイツ ペチュニク
控え
GK 33 石川 慧
DF 17 福岡 将太
MF 24 和田 達也
MF 38 宮崎 泰右
MF 21 牛之濵 拓
MF 37 浜下 瑛
FW 16 榊 翔太

横山雄次監督

71分 ネイツ→榊
90分 大黒→福岡
90+4分 岡﨑→和田

 

■西河翔吾

――完封で初勝利です。3バックの手応えは。

「この3試合の教訓を生かすために準備してきたことが結果に現れたと思うし、システムも変化を加えるなかでやりましたが、その意図、監督が求めることを選手たちが体現できたと思います」

(残り 1534文字/全文: 2041文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ