「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント6/6】栃木SC 第98回天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス戦後の石川慧「開幕戦との明らかな違いを見せるために必要なものは勝つことだったので、正直この結果は悔しい」廣瀬浩二「徳島相手にチームが一つになりハードワークして守備ができていた」

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会2回戦

2018年6月6日19時キックオフ 鳴門大塚スポーツパーク
入場者数 1,309人(うち栃木サポーターはゴール裏に約30人)
天候 雨、弱
気温 21.2
湿度 86%
ピッチ 全面良芝、水含み

徳島ヴォルティス 1-0 栃木SC
(前半1-0、後半0-0)
得点者:5分 杉本太郎(栃木)

<スターティングメンバー>
GK 33 石川 慧
DF 19 服部 康平
DF 17 福岡 将太
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 21 牛之濵 拓
MF 4 仙石 廉
MF 24 和田 達也
MF 8 廣瀬 浩二
FW 16 榊 翔太
FW 13 上形 洋介
控え
GK 1 竹重 安希彦
DF 3 西河 翔吾
DF 27 久富 良輔
MF 2 西澤 代志也
MF 38 宮崎 泰右
MF 37 浜下 瑛
MF 10 杉本 真
横山雄次監督

46分 廣瀬→浜下
54分 上形→杉本
79分 榊→久富

 

■石川慧

――5分にいきなりPKから失点しましたが、試合を振り返るとどういう感想になりますか?

(残り 1406文字/全文: 1861文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ