監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント7/21】栃木SC J2第24節大分トリニータ戦後の横山雄次監督「この引き分けを次に繋げることが大事」

2018明治安田生命J2リーグ第24節

2018年7月21日19時キックオフ 大分大銀ドーム
入場者数 7,080人
天候 晴時々曇、無風
気温 28.3
湿度 74%
ピッチ 全面良芝、乾燥

大分トリニータ 0-0 栃木SC
(前半0-0、後半0-0)
得点者:

<スターティングメンバー>

GK 1 竹重 安希彦
DF 30 田代 雅也
DF 19 服部 康平
DF 17 福岡 将太
MF 27 久富 良輔
MF 11 岡﨑 建哉
MF 5 ヘニキ
MF 24 和田 達也
FW 9 大黒 将志
FW 14 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 33 石川 慧
DF 42 パウロン
DF 26 夛田 凌輔
MF 2 西澤 代志也
MF 41 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 13 上形 洋介

横山雄次監督

46分 久富→夛田
84分 浜下→西谷優

 

■横山雄次監督

「遠いアウェイの地でしたが栃木からもサポーターに来ていただき、最後まで熱い声援をいただきました。大分という強いチームのアウェイゲームだったので、しっかり守備をしかながら隙を見て何とか勝点3を取りたかったゲームでしたが、取れなかったことはサポーターの方に申し訳なく思っています。試合内容はいい部分はそんなになかったと思いますが、大分のアウェイで全員がハードワークをして、チームでやらないといけないことをまとまってやった上で無失点でいけたことは良かったことです。この引き分けを次に繋げることが大事なので、次、前回対戦でやられている水戸さんと中3日で試合がありますので、しっかり準備して迎えたいと思います」

(残り 799文字/全文: 1472文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック