今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【コメント8/11】栃木SC J2第28節アルビレックス新潟戦後の横山雄次監督「今までやってきたことを愚直に続けられたからこそ、ご褒美ではないが、しっかりと結果に出た」

2018明治安田生命J2リーグ第28節

2018年8月11日19時キックオフ デンカビッグスワンスタジアム
入場者数 15,103人(うち栃木サポーターはゴール裏に300人、メインスタンドに70人、合計約370人)
天候 晴れ、無風
気温 25.7
湿度 57%
ピッチ 全面良芝、乾燥

アルビレックス新潟 0-3 栃木SC
(前半0-1、後半0-2)
得点者:24分 パウロン(栃木)、48分 浜下瑛(栃木)、81分 大黒将志(栃木)

<スターティングメンバー>

GK 1 竹重 安希彦
DF 42 パウロン
DF 19 服部 康平
DF 17 福岡 将太
MF 29 川田 拳登
MF 5 ヘニキ
MF 11 岡﨑 建哉
MF 26 夛田 凌輔
FW 9 大黒 将志
FW 14 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 33 石川 慧
DF 3 西河 翔吾
MF 2 西澤 代志也
MF 50 二川 孝広
MF 41 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 13 上形 洋介

横山雄次監督

70分 西谷和→西谷優
81分 岡﨑→西澤
89分 大黒→上形

 

■横山雄次監督

「アウェイの地でしたが栃木からもたくさんのサポーターに来ていただきました。また、いいスタジアムのいいピッチでゲームができました。栃木SCのサポーターに勝点3を取るところを見せたかったのですが、その目標を達成できたことをうれしく思っているのと同時にサポーターに感謝しています。今日のゲームについては厳しいハードなゲームが予想できましたが、そのとおりのハードなゲームでした。ただ、栃木はここ何試合かハードなゲームをこなすなかで勝点が拾えていましたので、今日に関してもそういうゲームだったと思います。ただ、当たり前ですが、今日はピンチもたくさん作られましたし、今日のゲームをしっかり分析して、その反省を次に繋げることが大事だと思います。次は福岡さんという強い相手と今度はホームで戦えますので、しっかりした戦いができるように準備をしたいと思います」

(残り 970文字/全文: 1804文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック