ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

開幕2.24までの更新予定【編集日記】(19.2.11)

こんにちは、鈴木です。

昨日、キャンプ地の都城から戻りました。今日明日とチームはお休みですので、その間コラムを書きつつ、また13日からチーム取材を再開すべく英気を養います。

さて、開幕まで2週間を切りました。栃木フットボールマガジンでは宮崎キャンプ中にインタビューをした以下のラインナップについて随時アップしていきます。

◆田坂和昭監督インタビュー

◆西谷和希選手インタビュー

◆藤原広太朗選手インタビュー

◆新里裕之強化部長インタビュー

◆その他ピックアップ選手コラム

場合によっては新里裕之強化部長インタビューなどは掲載のタイミングが開幕後になる可能性もありますが、なるべく速やかに掲載します。それぞれを読めば、チームの全体像、現状の攻守における感触や評価が伝わるものになると思います。それではどうぞよろしくお願いします。

なおインタビュー等はありませんが、宮崎キャンプを通じて感じた、栃木フットボールマガジンが選定する今季のキーマンです。大﨑淳矢が大黒将志や西谷和希を操りながら攻撃を支配する試合がきっと出てくるでしょう。ゴールを奪うための術を持った非常に頭のいい選手でした。さすがは徳島で10番を付けていただけの選手です。今季の彼の動向をぜひお楽しみに。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック