【サッカー人気5位】仙蹴塵記×KAWAJIうぉっちベガルタ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「準備してきたサッカーはなかなか出せなかったが、逆にいえば、粘り強くよく凌いだなと思います」【J2開幕節ツエーゲン金沢戦のコメント】(19.2.24)

2019明治安田生命J2リーグ開幕節

2019年2月24日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 5,863人
天候 晴、無
気温 11.0
湿度 30%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 0-0 ツエーゲン金沢
(前半0-0、後半0-0)
得点者:

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 26 枝村 匠馬
MF 20 岩間 雄大
MF 44 福田 健介
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 1 石川 慧
DF 30 田代 雅也
MF 40 寺田 紳一
MF 21 大﨑 淳矢
MF 14 西谷 優希
MF 11 平岡 翼
MF 5 ヘニキ

田坂和昭監督

67分 福田→平岡
80分 枝村→寺田

◆田坂和昭監督

「今季のホーム開幕戦とあってサポーターがいい雰囲気を作ってくれました。選手もモチベーションを高くしてプレーできたと思います。結果的に勝つことはできませんでしたし、今季準備してきたサッカーはなかなか出すことはできませんでしたが、逆にいえば、粘り強く凌いだなと。選手が頑張った成果だと思います。前半はほとんどセカンドボールを拾われてしまって、相手に押し込まれる時間が多くなってしまったんですが、あれだけ相手にリスタートがあったのに、よく耐えたなという言い方はできると思います。後半は風上になってセカンドボールを拾えたときにはチャンスになっていましたし、自分たちが準備してきたことが随所とは言いませんが、時折は出ていたので、全体に修正していければと思っています。開幕戦で選手も緊張するだろうと思っていました。一人がちがちになってどこにいるのかわからなくなっている選手がいましたけれど(笑)、これがJリーグの開幕戦であって、いい経験になったと思います。逆に、次の水戸戦に向けて今回の出た課題を修正して、次の試合はよりいい試合をしたいと思います」

――準備してきたことがなかなか出なかった要因は。

(残り 2274文字/全文: 3132文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック