【サッカーパック人気3位】 クラブ名を変えようとするオーナーは敵か味方か Jリーグがビジネス至上主…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

枝村匠馬「初めてだったので難しい部分はあった」岩間雄大「割り切った部分が多くなった」藤原広太朗「やられることなく終えられたのは良かった」【J2開幕節ツエーゲン金沢戦のコメント】(19.2.24)

2019明治安田生命J2リーグ開幕節

2019年2月24日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 5,863人
天候 晴、無
気温 11.0
湿度 30%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 0-0 ツエーゲン金沢
(前半0-0、後半0-0)
得点者:

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 26 枝村 匠馬
MF 20 岩間 雄大
MF 44 福田 健介
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 1 石川 慧
DF 30 田代 雅也
MF 40 寺田 紳一
MF 21 大﨑 淳矢
MF 14 西谷 優希
MF 11 平岡 翼
MF 5 ヘニキ

田坂和昭監督

67分 福田→平岡
80分 枝村→寺田

(撮影は永島一顕)

◆枝村匠馬

――堅いゲームになりました。前半から選手同士で話し合いながら進めていたようですが、どういう内容だったのでしょうか。

「開幕戦で、多くの選手が初めて使うスタジアムだったので、安全にというか、あまりリスクを負わないようにしようと。空中戦が多くなっていたので、慣れてきたらできるだけ下で頑張って繋いでいこうという話はしていました。うまくいくときもあったし、うまくいかない時間帯も結構あったんですけど、それは今後取り組んでいけばいいかなと思います」

(残り 1795文字/全文: 2456文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック