【サッカーパック人気3位】 山下達也「映像を見て、問題点を改善したい」/J2 第36節 柏 vs…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

寺田紳一「まずはひとり一人がゲームにしっかり入ることが先」温井駿斗「敗戦の責任は自分にある」【J2第2節水戸ホーリーホック戦のコメント】(19.3.3)

2019明治安田生命J2リーグ第2節

2019年3月3日14時キックオフ ケーズデンキスタジアム
入場者数 5,939人(うち栃木サポーターはメインスタンドとゴール裏で合計712人)
天候 雨、弱
気温 9.1.
湿度 73%
ピッチ 全面良芝、水含み

水戸ホーリーホック 3-0 栃木SC
(前半1-0、後半2-0)
得点者:42分 清水慎太郎(水戸)、46分 茂木駿佑(水戸)、51分 前寛之(水戸)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 40 寺田 紳一
MF 20 岩間 雄大
MF 44 福田 健介
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 1 石川 慧
DF 30 田代 雅也
MF 5 ヘニキ
MF 6 古波津 辰希
MF 11 平岡 翼
MF 14 西谷 優希
MF 21 大﨑 淳矢

田坂和昭監督

46分 福田→田代
76分 温井→大﨑
88分 岩間→ヘニキ

(撮影は永島一顕)

■寺田紳一

――前半はある程度拮抗していました。

「先制されるまでどっちつかずの展開という緊張感がありましたが、ああいう失点で先制されてしまうと、今のうちには点を獲る力はないなと感じるゲームでした。先制されるときついなという雰囲気があった感じがします」

――キャンプで用意してきた繋ぎの部分は開幕戦よりも出ていたと思いますが、その反面、ボールの悪い奪われ方からピンチを招いていました。

「僕のイメージですがJ2のサッカーは、水戸のように高い位置で奪い切ってショートカウンターからゴールを奪うシーンがパターンとして多いと思います。今日の2失点目もそうですが、自分たちで繋ごうとするのはいいですが、そこでのミスがそのまま失点に繋がってしまうのが今の自分たちの現在地なのかなと思います。そこをもう少し突き詰めるのか、もう少し縦に速くして、トップやシャドーをすぐに見るというやり方に変えるのか。ただ、それよりもまずはひとり一人がゲームにしっかり入ることが先だと感じています。マークしている選手に簡単に競り負けて失点してしまうようでは厳しくなるぞ、というのはみんなで共有したいです」

――システムや戦術などの形があるにせよ、クロス対応や球際などの”際”の部分などもっとも大事なところが不足している?

(残り 1611文字/全文: 2663文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック