Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

大﨑淳矢「得点の匂いが出てきたのは収穫だと思います」藤原広太朗「最後を決め切る、守り切る、の部分を選手同士で高め合ってやるしかない」【J2第3節横浜FC戦のコメント】(19.3.10)

2019明治安田生命J2リーグ第3節

2019年3月10日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 4,829人
天候 曇、無
気温 15.6
湿度 28%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 0-1 横浜FC
(前半0-0、後半0-1)
得点者:90+3分 戸島章(横浜FC)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 40 寺田 紳一
MF 20 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 21 大﨑 淳矢
控え
GK 23 川田 修平
DF 30 田代 雅也
DF 27 久富 良輔
MF 11 平岡 翼
MF 6 古波津 辰希
MF 5 ヘニキ
FW 19 大島 康樹

田坂和昭監督

26分 岩間→古波津
75分 西谷優→久富
87分 大﨑→ヘニキ

(撮影は永島一顕)

◆大﨑淳矢

――前線の距離感は改善できていたという感覚はありますか?

「攻撃でいい形になっているときはお互いの距離感がいいときなので、徐々に改善はされていると思います。ただ、得点に結びついていないし、得点を取らないと勝てないので、そこは詰めないといけないと思います」

――結果に結びつかない要因は。

(残り 2037文字/全文: 2645文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック