【サッカーパック人気3位】 クラブ名を変えようとするオーナーは敵か味方か Jリーグがビジネス至上主…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

前節より上向いたが、まだまだ。【J2第3節横浜FC戦レビュー】(19.3.11)

2019明治安田生命J2リーグ第3節

2019年3月10日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 4,829人
天候 曇、無
気温 15.6
湿度 28%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 0-1 横浜FC
(前半0-0、後半0-1)
得点者:90+3分 戸島章(横浜FC)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 28 温井 駿斗
MF 29 川田 拳登
MF 40 寺田 紳一
MF 20 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 21 大﨑 淳矢
控え
GK 23 川田 修平
DF 30 田代 雅也
DF 27 久富 良輔
MF 11 平岡 翼
MF 6 古波津 辰希
MF 5 ヘニキ
FW 19 大島 康樹

田坂和昭監督

26分 岩間→古波津
75分 西谷優→久富
87分 大﨑→ヘニキ

50分、GKと1対1になった決定機。ループシュートは惜しくも右へ外れた。(撮影は永島一顕)

(撮影は永島一顕)

 粘りの守備で応戦するも改善の余地あり

 

「(両チームに)1つ違いがあるとすればDFのところ。少し栃木さんには弱さがあって、ウチは逆にカルフィン・ヨン・ア・ピン、田代(真一)、川﨑(裕大)をそろえて集中力高く最後まで戦ったところが、勝利がウチに転がった要因かなと思っています」(横浜FCタヴァレス監督)

敵将にはっきりと言われてしまうとぐうの音も出ない。栃木は前節水戸戦よりもゴール前の攻防でタイトに身体を張って戦っていたが、最後の最後に押し切られた。抽象的な言い方になるが、栃木は力を出したが現時点でディフェンス力が足りなかった、と認めざるを得ない悔しい負けだ。

 

今節の横浜FCはシステムを3421に変更し、1トップにまだ本調子とは言えない190cmのイバを起用してきた。この試合で横浜FCが放ったシュート数は17本(前半5本、後半12本)となったが、特に前半30分過ぎから始まった横浜FC10分間の猛攻は、クロスボールやCKを中央にいる1トップのイバにボールを集め始めたことがきっかけだった。

(残り 5058文字/全文: 6084文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック