【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

西谷優希「もうちょっと前半から主導権を握ってああいう形でチャンスを作れていれば」西谷和希「後半の攻撃の形をたくさんできるようになるとこういう強い相手にも十分戦える」【J2第7節アビスパ福岡戦のコメント】(19.4.3)

2019明治安田生命J2リーグ第7節

2019年4月3日19時キックオフ 東平尾公園博多の森陸上競技場
入場者数 4,085人(うち栃木サポーターはゴール裏に約20人、メインスタンドに約10人、合計約30人)
天候 晴れ、弱
気温 13.2
湿度 41%
ピッチ 良芝、乾燥

アビスパ福岡 2-1 栃木SC
(前半0-0、後半2-1)
得点者:48分 石津大介(福岡)、51分 實藤友紀(福岡)、70分 西谷和希(栃木)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 44 福田 健介
DF 4 藤原 広太朗
DF 15 森下 怜哉
MF 40 寺田 紳一
MF 5 ヘニキ
MF 20 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 10 西谷 和希
FW 21 大﨑 淳矢
控え
GK 23 川田 修平
DF 30 田代 雅也
DF 7 菅 和範
DF 28 温井 駿斗
MF 6 古波津 辰希
MF 11 平岡 翼
FW 8 廣瀬 浩二

田坂和昭監督

46分 大島→田代
87分 福田→温井
90分 森下→古波津

 

 

◆西谷優希

――前半はかなり押し込まれましたが、ピッチでどんな声を掛け合いながらやっていたんでしょうか。

「まずカズ(西谷和希)をあまり引かせたくなかったのですが、相手のサイドバックがかなり高い位置を取ってきたので我慢して守備をしてもらいました。耐えるべきを耐えていればチャンスは来ると思っていたので、前半はやられなかったし、後半はいけるぞという声も出ていました」

(残り 1102文字/全文: 1738文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック