【サッカー人気1位】阿部勇樹のプロ24年目にかける覚悟と思…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「選手・スタッフが一丸となって戦えたし、サポーターの人たちも一緒になって戦ってくれた」【J2第9節柏レイソル戦のコメント】(19.4.14)

2019明治安田生命J2リーグ第9節

2019年4月14日15時キックオフ 三協フロンティア柏スタジアム
入場者数 7,498人(うち栃木サポーターはゴール裏に約300人、メインスタンドに約70人、合計約370人)
天候 曇り一時雨、中
気温 16.3
湿度 51%
ピッチ 良芝、水含み

柏レイソル 0-0 栃木SC
(前半0-0、後半0-0)
得点者:

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 44 福田 健介
DF 4 藤原 広太朗
DF 15 森下 怜哉
MF 40 寺田 紳一
MF 5 ヘニキ
MF 20 岩間 雄大
MF 14 西谷 優希
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 21 大﨑 淳矢
控え
GK 23 川田 修平
DF 27 久富 良輔
DF 30 田代 雅也
MF 37 浜下 瑛
MF 11 平岡 翼
MF 6 古波津 辰希
FW 19 大島 康樹

田坂和昭監督

57分 福田→久富
79分 寺田→浜下
85分 ユヒョン→川田修

◆田坂和昭監督

「苦しいゲームでしたが選手・スタッフが一丸となって戦えましたし、サポーターの人たちも一緒になって戦ってくれて、終わったあとも温かい声援をいただけました。一体感のあるゲームだったと思います。もちろん、押し込まれる時間が長いのは想定していました。その中で我々がどれだけコンパクトに守って粘り強く戦えるか。攻撃ではある程度狙いをもってやっていましたが、その中で何回かチャンスが作れればと思っていました。何回か作れたシーンはあったんですが、なかなか回数は多く作れませんでした。勝点1ですが個々の能力の高いレイソルから勝点1が取れたことは我々にとっては勝点3くらいの重みがあるのではないかと思います。これをきっかけにいい準備をして次の試合に向かいたいと思います」

(残り 1239文字/全文: 1990文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック