【サッカーパック人気1位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

大島康樹「前節はいい部分はあったのでその回数を増やしたい」西谷優希「走力で不安がなければ前からプレスしてショートカウンターもできるので、まずはチームとして走れないといけない」【5/9練習後コメント】(19.5.9)

9日の練習後、大島康樹と西谷優希に現状のチームの修正箇所やできている部分について聞いた。

◆大島康樹

――今週のトレーニングですが、雰囲気などこれまでと変わったことはありましたか?

「特に変わったことはないですけど、週の頭にミーティングがあって、監督から、プロ選手とはどういうものか、メンタル面、フィジカル面、あとは周りとの関係。その3つを改めて言ってもらったので、もう一度自分を見つめ直すいい機会になったと思います」

――この前の2ゴールは大島選手が前線でポストで起点になっていました。ポストに入っていくタイミングは掴めてきましたか?

「そうですね。ボールサイドに顔を出すことは(7節の前半のみで交代した)福岡戦に比べればだいぶ良くなってきたし、その回数が増えれば得点するチャンスも増えると思います。前節はいい部分はあったのでその回数を増やしたいです」

(残り 3909文字/全文: 4281文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック