湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

寺田紳一が語る甲府戦の手応えと課題「エダとは少し感覚が似ている」【5/15練習後コメント】(19.5.15)

徳島戦のあとの寺田紳一のコメントは悲壮感があったが、甲府に勝利したことでそのコメントも幾分前向きになっている。霧が晴れたとまではいかないが、指揮官からやるべきを徹底されて結果を掴んだ今、寺田自身も前へ踏み出したのは間違いない。

 

◆寺田紳一

――前々節は徳島に敗戦し、色々と思うことがあったと思います。そうして迎えた前節甲府戦は10で勝利。その過程も踏まえて感じたことは。

「単純に、甲府戦については相手よりも走ったり闘ったりできていた思います。いや、いつも闘っているんですけど、あの試合は相手よりもうちらのほうが動けていたと思うし、そこは徳島戦と比べても良かった点だと思います。かといって、守備の時間は長かったし、相手との力関係でボールを持たれる時間も長かった。ただ、そういう流れでも最後はゴール前で身体を投げ出していたし、(GKの)ヒョンも含めて闘えていたと思います。

(残り 1577文字/全文: 1961文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック