【サッカー人気1位】秋葉忠宏監督「ゴール前の執念が少し足り…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「もう1点、2点と獲れたのではないかと思いますけど、選手たちが本当に戦術を理解して身体を動かしてくれたと思います」【J2第15節ファジアーノ岡山戦のコメント】(19.5.26)

2019明治安田生命J2リーグ第15節

2019年5月26日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 4,286人
天候 晴天、無風
気温 32.3
湿度 35%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 1-1 ファジアーノ岡山
(前半0-0、後半1-1)
得点者:53分 イヨンジェ(岡山)、77分 ヘニキ(栃木)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 7 菅 和範
DF 15 森下 怜哉
DF 30 田代 雅也
MF 37 浜下 瑛
MF 26 枝村 匠馬
MF 40 寺田 紳一
MF 27 久富 良輔
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 19 大島 康樹
控え
GK 23 川田 修平
DF 18 坂田 良太
MF 5 ヘニキ
MF 11 平岡 翼
FW 16 榊 翔太
FW 8 廣瀬 浩二
FW 42 イ レジュン

田坂和昭監督

65分 イレジュン→平岡
76分 寺田→ヘニキ

(撮影は永島一顕)

◆田坂和昭監督

「結論から言えば非常に勝ちたかったですし、この暑いコンディションのなかで選手たちは良く走ったと思いますが、気持ち的には非常に複雑です。守備のところですが、今節のポイントとして、岡山の特徴はサイドからクロスボールでイヨンジェだと。これは今週ずっと練習して対策してきました。映像を使って練習を繰り返してきた中でやられてしまった、というのはまだまだ練習の改善が必要だし、選手の理解度がまだまだ低いのだと思っています。練習でやってきた分、悔しいなと。ただ、1点ビハインドのなかリスクをかけて攻めにいきました。本来であれば0-0のまま、暑さもあったので60分から攻めに出たかったのですが、1点ビハインドの状況で、選手たちがポジションと立ち位置を変えながらパワーアップできたと思います。あまりこの場では言ってはいけませんが、最後のシーンは2点目を決められたと思っています。ただ、プラスに考えれば、今週は急激に気温が上がるなかでも選手たちはトレーニングをハードにやってきましたし、こういう形で同点に追いついたことは評価できます。ただ、まだ足りない部分も出ていますので、それも含めて、次の町田戦に向けてトレーニングを全員で突き詰めてやりたいと思います」

(残り 1979文字/全文: 2970文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ