【サッカーパック人気3位】 受動的な戦略、挽回した後半。勝利を希求も、試合最終盤に被弾【島崎英純】…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

菅和範「みんながやるべきことをやればこういうゲームができることが改めてわかった」平岡翼「相手の嫌がることができたと思います」【J2第15節ファジアーノ岡山戦のコメント】(19.5.26)

2019明治安田生命J2リーグ第15節

2019年5月26日14時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 4,286人
天候 晴天、無風
気温 32.3
湿度 35%
ピッチ 全面良芝、乾燥

栃木SC 1-1 ファジアーノ岡山
(前半0-0、後半1-1)
得点者:53分 イヨンジェ(岡山)、77分 ヘニキ(栃木)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 7 菅 和範
DF 15 森下 怜哉
DF 30 田代 雅也
MF 37 浜下 瑛
MF 26 枝村 匠馬
MF 40 寺田 紳一
MF 27 久富 良輔
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 19 大島 康樹
控え
GK 23 川田 修平
DF 18 坂田 良太
MF 5 ヘニキ
MF 11 平岡 翼
FW 16 榊 翔太
FW 8 廣瀬 浩二
FW 42 イ レジュン

田坂和昭監督

65分 イレジュン→平岡
76分 寺田→ヘニキ

(撮影は永島一顕)

 

◆菅和範

――前半からしっかり541で守ってクロス対応もできていました。

「それがこのチームのベースなので、手応えというよりも、やらないといけないことをみんなで忠実にできたと思っています。それは今季の残り全ての試合でやらないといけない部分だと思っています」

(残り 1640文字/全文: 2233文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック