【サッカーパック人気1位】 クラブ名を変えようとするオーナーは敵か味方か Jリーグがビジネス至上主…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

4-3-3は機能せずもこの粘り強さは本物。【J2第16節FC町田ゼルビア戦レビュー】(19.6.3)

2019明治安田生命J2リーグ第16節

2019年6月2日16時キックオフ 町田市立陸上競技場
入場者数 3,414人(うち栃木サポーターはゴール裏に約200人、メインスタンドに約140人、合計約340人)
天候 晴天、無風
気温 23.2
湿度 57%
ピッチ 全面良芝、乾燥

FC町田ゼルビア 2-2 栃木SC
(前半1-0、後半1-2)
得点者:26分 井上裕大(町田)、49分 寺田紳一(栃木)、72分 土井冬太(町田)、90+1分 森下怜哉(栃木)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 7 菅 和範
MF 27 久富 良輔
MF 26 枝村 匠馬
MF 40 寺田 紳一
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 23 川田 修平
DF 30 田代 雅也
MF 5 ヘニキ
MF 24 和田 達也
MF 11 平岡 翼
FW 8 廣瀬 浩二
FW 42 イ レジュン

田坂和昭監督

AbemaTV!

▼前半は完全なる町田ペース。新システム433は機能せず

町田対策として初めて採用した4334141とも451とも)は機能しなかった。

町田が同サイドに人数をかけて攻守を展開してくるのはわかっていたこと。栃木が433を採用して3ボランチを形成した一つの理由を田坂和昭監督はこう語った。

「(クロスボールのこぼれ球を拾った)相手のミドルを警戒していた」

ところが26分、相手の左サイドからの攻撃に全体が引っ張られて警戒していたバイタルエリアで相手ボランチの井上裕大にミドルを撃ち抜かれて先制を許してしまう。前節は岡山のFWイ・ヨンジェのクロス対応に準備を重ねながらやられた失点同様、「わかっていながらやられた」(田坂和昭監督)失点だった。

 

前半は、433に不慣れな栃木と、いつもどおり442でやるべきが明確だった町田との差が出てしまったように思う。セカンドボール争いへの出足の速さ、球際の勝敗などに如実に出てしまっていた。

26分の町田の先制ゴールはまさに町田らしいもので、GKからFWへのフィードのセカンドボールを前向きに拾って攻撃を始めたシーンが起点になっている。同サイドに人数をかけてくる町田は、文字通り、FWが競ってこぼれたセカンドボールを、右サイドハーフの森村昂太がインサイドに絞ったポジション取りで拾って、そのまま左サイドへ繋げている。

(残り 4835文字/全文: 5863文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック