【サッカーパック人気4位】 ひと足早いJリーグのMVP予想。鹿島、FC東京、横浜FM、広島、川崎、…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

厳しいペナルティ判定もあったけれど。【J2第18節アルビレックス新潟戦レビュー】(19.6.16)

2019明治安田生命J2リーグ第18節

2019年6月15日19時キックオフ デンカビックスワンスタジアム
入場者数 14,112人(うち栃木サポーターはゴール裏に約350人)
天候 雲、無風
気温 22.0
湿度 65%
ピッチ 全面良芝、乾燥

アルビレックス新潟 2-0 栃木SC
(前半0-0、後半2-0)
得点者:64分 レオナルド(新潟)、74分 フランシス(新潟)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 15 森下 怜哉
DF 4 藤原 広太朗
DF 30 田代 雅也
MF 27 久富 良輔
MF 26 枝村 匠馬
MF 40 寺田 紳一
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 23 川田 修平
DF 7 菅 和範
MF 5 ヘニキ
MF 24 和田 達也
MF 11 平岡 翼
FW 8 廣瀬 浩二
FW 42 イ レジュン

田坂和昭監督

71分 寺田→和田
75分 西谷優→ヘニキ
86分 和田→菅

▼新潟が連続負けなしの栃木をリスペクトしてきた

後半早々の退場やペナルティ判定など後味の悪さが残ったが、栃木は前半からあまりよくなく、守備時に見えていた修正ポイントも修正できなかった。そして新潟にうまくやられてしまったという印象の試合だ。

 

キックオフ直前、大粒の雨がピッチ上に降り注いだ。20分ほど激しく降り続いていただろうか。

ピッチ状態は良好で、雨に濡れた芝の上をボールがよく走っていた。

序盤から栃木のドリブラーたち、西谷和希、西谷優希、浜下瑛らにボールが入っても、濡れたピッチの影響でボールタッチが伸びてしまい、ロストしてしまうシーンが目についた。

加えて、新潟の選手たちの攻撃から守備に切り替わった瞬間の守備意識が非常に高く、栃木の選手たちが奪ったボールを繋いだり、カウンターに移行したりする時間を与えてもらえずにボールをロストし、再び守備に回らなければいけない展開が続いた。

 

「堅い守備からのカウンター。その徹底ぶりはリーグトップクラスだ」(新潟・吉永一明監督)

(残り 3932文字/全文: 4787文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック