【サッカーパック人気1位】 「ポステコグルー監督は守れとは言わない。だからこのサッカーを突き詰めて…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「選手たちは闘っていましたが、プレーの質が伴わなかったと思います」【J2第19節鹿児島ユナイテッドFC戦のコメント】(19.6.22)

2019明治安田生命J2リーグ第19節

2019年6月22日19時キックオフ 白浜スタジアム
入場者数 5,027人(うち栃木サポーターはバックスタンドに約70人、メインスタンドに30人、合計約100人)
天候 雲、弱風
気温 25.8
湿度 73%
ピッチ 良芝、水含み

鹿児島ユナイテッドFC 2-0 栃木SC
(前半0-0、後半2-0)
得点者:58分 赤尾公(鹿児島)、70分 韓勇太(鹿児島)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 27 久富 良輔
DF 4 藤原 広太朗
DF 15 森下 怜哉
MF 21 大﨑 淳矢
MF 40 寺田 紳一
MF 26 枝村 匠馬
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 23 川田 修平
DF 18 坂田 良太
DF 7 菅 和範
MF 5 ヘニキ
MF 11 平岡 翼
FW 8 廣瀬 浩二
FW 42 イ レジュン

田坂和昭監督

65分 寺田→ヘニキ
73分 大島→平岡
83分 大﨑→イ

◆田坂和昭監督

「痛い敗戦です。両チームとも現状を踏まえると勝点3が獲りたいところでした。ポイントは際の部分。切り替え部分やリスタートだと考えていましたが、2失点ともリスタートからやられました。これから修正しないといけないと思います。全体的に選手たちはよく闘ってはいるんですが、これよりもプラスαをしていかないと勝点は掴んでいけないし、得点のところもなかなか今は得点の匂いがしてこないので、今いるメンバーで何とかしないといけないのですが、修正をかけていこうと思います」

(残り 1256文字/全文: 1923文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック