「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「いかにメンタル面をコントロールできるかなのですが、まだ改善されていないので、そこも含めて、できている選手とできていない選手の差を埋めないといけない」【J2第20節愛媛FC戦のコメント】(19.6.29)

2019明治安田生命J2リーグ第20節

2019年6月29日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 3,759人
天候 雨、無風
気温 21.3
湿度 90%
ピッチ 全面両芝、水含み

栃木SC 1-2 愛媛FC
(前半1-0、後半0-2)
得点者:45+2分 西谷和希(栃木)、85分 藤本佳希(愛媛)、90+4分 吉田眞紀人(愛媛)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 27 久富 良輔
DF 4 藤原 広太朗
DF 30 田代 雅也
MF 29 川田 拳登
MF 26 枝村 匠馬
MF 5 ヘニキ
MF 14 西谷 優希
FW 19 大島 康樹
FW 10 西谷 和希
FW 37 浜下 瑛
控え
GK 23 川田 修平
DF 7 菅 和範
DF 28 温井 駿斗
MF 40 寺田 紳一
MF 32 荒井 秀賀
FW 42 イ レジュン
FW 9 大黒 将志

田坂和昭監督

68分 枝村→寺田
72分 西谷優→菅
87分 大島→大黒

(撮影は永島一顕)

◆田坂和昭監督

「根が深いと思います。何とかこのチームの意識改革からしようとしていますが、正直、根が深いです。最後の最後でああいう結果になってしまうのは、サッカーは甘くないわけで、全員の力、意識が改善されないと、我々はビッグクラブでもないし、団結しないと結果は出てこないと思います。そういう意味でいいきっかけにしたいと思います。言わんとしていることが何かは、個人に聞いてもらえればわかりますが、試合に対する姿勢とか、最後の部分で守り切る温度差が正直あります。それを何とかするために私はここに来たわけで、少しでも改善しながらやっているわけですが、最後が締めきれないのが現状です。だからこそ、もう少しの部分を、さらに拘ってやっていこうと思います。内容的には、今週はずっとゴールが奪えないなかで、ゴールを獲るためにどうやるのかをやってきました。いい面も出ていましたし、追加点を奪えていれば、今日の試合は決まっていたようなものですが、そこも含めて、ちょっと足りないと思います。戦術面では出ている選手がやろうとしていますが、私がここに来て選手たちにまず話したように、いかにメンタル面をコントロールできるかなのですが、まだ改善されていないので、そこも含めて、できている選手とできていない選手の差を埋めないといけないなと思います。今日の敗戦は痛いし、苦しいですけど、言い換えれば良いきっかけになりますし、連戦で天皇杯を挟みますが、しっかり前を向いてやっていきます」

(残り 1745文字/全文: 2855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ