都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

それでも必要なのは結果。【J2第24節柏レイソル戦レビュー】(19.7.28)

2019明治安田生命J2リーグ第24節

2019年7月27日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 5,815人
天候 晴れ、弱風
気温 28.6
湿度 79%
ピッチ 良芝、乾燥

栃木SC 1-2 柏レイソル
(前半1-1、後半0-1)
得点者:2分 乾大知(栃木)、17分 オルンガ(柏)、46分 クリスティアーノ(柏)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 36 乾 大知
DF 4 藤原 広太朗
DF 15 森下 怜哉
MF 37 浜下 瑛
MF 5 ヘニキ
MF 26 枝村 匠馬
MF 45 瀬川 和樹
FW 9 大黒 将志
FW 10 西谷 和希
FW 31 三宅 海斗
控え
GK 23 川田 修平
DF 30 田代 雅也
MF 29 川田 拳登
MF 11 平岡 翼
MF 21 大﨑 淳矢
FW 8 廣瀬 浩二
FW 47 キム ヒョン

田坂和昭監督

63分 枝村→キム
81分 藤原→川田拳
86分 三宅→大﨑

(撮影は永島一顕)

(撮影は永島一顕)

(撮影は永島一顕)

(撮影は永島一顕)

▼安い失点をしていては上位勢には勝てない

開始早々の2分にいきなり先制。

ゴール中央のFK。西谷和がふわりと壁越えに上げたボールに大黒将志が反応。一度はGK中村航輔にセーブされるも、こぼれ球を乾大知が押し込んだ。

 

これ以上のない立ち上がり。

栃木は例のごとく5-4-1のブロックを敷いて応戦すると、一方、ビハインドになった柏が序盤から前線のオルンガ目掛けたロングボールを多用してきた。

栃木在籍時から変わらない劣悪な芝状況を熟知するクリスティアーノが「このピッチで柏らしい繋ぐサッカーをするのは難しい」と振り返っている。

(残り 4474文字/全文: 5449文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック