監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

史上初となる鹿島アントラーズ戦で活躍するのは誰だ。【天皇杯3回戦鹿島アントラーズ戦プレビュー】(19.8.13)

リハビリも順調にこなし、あとは試合に出るだけとなったメンデス。17年の最終節沼津戦以来となる公式戦出場はなるか。

▼栃木と鹿島それぞれの出場メンバーは?

さあ天皇杯3回戦鹿島アントラーズ戦だ。リーグ戦でなかなか勝利を掴めない中、この天皇杯をリーグ戦に繋げられるか云々は抜きにして、相手は鹿島アントラーズだ、この試合単品で楽しまなきゃ損だ。両チームの公式戦での対戦は初めてとなる。

まずは今週のチームの状況から。

12日の練習はさくらスタジアムだったが、10日の京都戦に長い時間出場したメンバーは、別メニューで軽く汗を流し、他メンバーが紅白戦をする様子をピッチ外から眺める程度だった。

(残り 2836文字/全文: 3192文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック