サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「今日試合に出たメンバーで今後のリーグ戦に可能性を感じさせる選手が何人かいましたので、それはいい兆しだと思います」【天皇杯3回戦鹿島アントラーズ戦後のコメント】(19.8.14)

天皇杯3回戦 第99回全日本サッカー選手権大会

2019年8月14日19時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
入場者数 10,169人
天候 曇、無風
気温 26.6
湿度 90%
ピッチ 全面良芝、水含み

鹿島アントラーズ 4-0 栃木SC
(前半2-0、後半2-0)
得点者:37分 小田逸稀(鹿島)、45+2分 伊藤翔(鹿島)、55分 レアンドロ(鹿島)、88分 有馬幸太郎(鹿島)

<スターティングメンバー>

GK 23 川田 修平
DF 27 久富 良輔
DF 30 田代 雅也
DF 22 メンデス
MF 24 和田 達也
MF 6 古波津 辰希
MF 32 荒井 秀賀
MF 14 西谷 優希
FW 16 榊 翔太
FW 19 大島 康樹
FW 21 大﨑 淳矢
控え
GK 35 浅沼 優瑠
DF 18 坂田 良太
DF 28 温井 駿斗
MF 31 三宅 海斗
MF 29 川田 拳登
FW 11 平岡 翼
FW 8 廣瀬 浩二

田坂和昭監督

57分 大﨑→廣瀬
71分 古波津→川田拳
78分 荒井→三宅

(撮影は永島一顕)

◆田坂和昭監督

「結果は悔しいですけど点差ほどまったく何もできなかった試合ではなかったと思います。失点シーンは我々のミスで喫しているだけで、出場したメンバーは闘っていましたし、鹿島相手にできること、できないことははっきりしていましたが、その中で前向きに90分間を闘った選手たちは評価できると思います。もちろんJ1相手なので、中盤のゾーンではやらせてくれますが、アタッキングサード、ディフェンシブサードのクオリティは高いので、最終的には何もやらせてもらえずに最後をやられてしまったと思うので、そこは日々向上していくしかないと思います。ただ、今日試合に出たメンバーで今後のリーグ戦に可能性を感じさせる選手が何人かいましたので、それはいい兆しだと思います。いま我々が置かれている状況では一体感を持って戦うことがもっとも求められていると思いますので、その意味でも、私としては今日の試合は非常に収穫のある試合だったと思っています」

(残り 841文字/全文: 1758文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック