【サッカーパック人気5位】 赤﨑秀平「すごくもったいない試合になってしまった」米本拓司「ボランチが…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

キャプテン藤原広太朗が語るチームの現状認識。「勝点3を獲らないといけない相手に勝点1を奪って満足している場合ではない」【8/22 練習後コメント】(19.8.22)

22日の練習後、キャプテンの藤原広太朗に前節町田戦のドローと現状認識、これからについて話を聞いた。

▼僕らは勝点1で満足してはいけない

――前節は堅い守りを見せつつも攻撃の手数が足りなかった印象です。

「町田のあのサッカーに対して前からプレスで引っかけることはないと思うんです。相手もリスクのない攻撃というか、プレッシャーにいけばロングボールを蹴ってくるので、前から引っかけようがない。だから、ボールを回収した後の選択肢をどう取れるかが重要になってくるんです。ボールを獲ったところに味方が寄っていくのか、それとも寄っていかないのか、その判断を個人がうまく判断しないといけなかったと思います」

――システムも5-3-2と特殊でした。ある程うまく進められたところもあったと思いますが。

(残り 2832文字/全文: 3168文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック