【サッカー人気1位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

田坂和昭監督「選手はよく頑張ったと思うし、選んだのは私なので、このリスクを懸けた闘いの責任は私にあると思います」【J2第30節水戸ホーリーホック戦後のコメント】(19.9.1)

2019明治安田生命J2リーグ第30節

2019年9月1日18時キックオフ 栃木県グリーンスタジアム

入場者数 5,341人
天候 晴れ時々曇、無風
気温 26.7
湿度 71%
ピッチ 良芝、乾燥

栃木SC 0-3 水戸ホーリーホック
(前半0-2、後半0-1)
得点者:8分 福満隆貴(水戸)、18分 黒川淳史(水戸)、54分 小川航基(水戸)

<スターティングメンバー>

GK 50 ユ ヒョン
DF 29 川田 拳登
DF 4 藤原 広太朗
DF 36 乾 大知
MF 37 浜下 瑛
MF 5 ヘニキ
MF 6 古波津 辰希
MF 24 和田 達也
FW 47 キム ヒョン
FW 10 西谷 和希
FW 31 三宅 海斗
控え
GK 23 川田 修平
DF 27 久富 良輔
MF 25 ユウリ
MF 26 枝村 匠馬
MF 21 大﨑 淳矢
FW 16 榊 翔太
FW 9 大黒 将志

田坂和昭監督

44分 キム→大黒
55分 西谷和→枝村
77分 川田拳→大﨑

(撮影は永島一顕)

◆田坂和昭監督

「悔しい敗戦ですけど、その中でサポーターが試合が終わるまで声を出し続けてくれていましたし、終わったあとも励ましの声をかけてくれて、我々と一緒に闘っているなと感じた分、次の試合は何とかしないといけないと感じています。ただ、まずサポーターの人たちには感謝したいと思います。今日は何としても勝たないといけない中で、あえてリスクを懸けてゴールを奪いに行きましたが、どうしても守備のところが、現状でいえば脆くなると。ただ、今日は少し点を取ることにシフトして闘いに行きました。その戦いを選んだのは自分であって、選手は頑張ってくれました。点は取れなかったですけど、現状で走れるメンバーを選びました。もしかすると水戸に比べれば走れていないかもしれませんが、現状で走れるメンバーが試合に出ました。選手はよく頑張ったと思うし、選んだのは私なので、このリスクを懸けた闘いの責任は私にあると思います。ただ、現状では守っているだけでは勝てないので、今後もゴールを奪うことを考えていかなければ勝点3が取れてこないので。もちろん、守備をしっかりやって虎の子の1点を守ることもあるんでしょうけれど、その辺りはこれから直接対決が続きますので、選手の状態を見ながら考えていきたいと思います」

――4人を入れ替えた選択の意図を教えてください。

(残り 2160文字/全文: 3204文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック